2005年11月12日

インフルエンザの予防接種とタミフルの副作用

10月頃からインフルエンザに関する記事を書こうかなぁと思いながらも、ユズが昼寝をしなかったり、雑用がいろいろあったりでなんだか腰を据えて記事を書こうと思えないでいるうちに、世間では大変な事態になっていて、子ども(親も)とインフルエンザのことをまた改めて考えて見なくてはと思っています。

新型インフルエンザの懸念から厚生労働省は抗ウィルス薬「タミフル」の備蓄を1.7倍にするという計画が発表される中、発売されて数年のタミフルに既に耐性菌が出てきているという事実や、タミフルの副作用のことなどを知り、我が家はインフルエンザに対してどういう風に対策をしようかなぁと考えていた矢先のこのニュース。タミフルの添付文書には重大な副作用として、意識障害、異常行動、幻覚などがあげられているというのはなかなか周知されていない事実なのではないかと思います。私もつい最近まで知らなかったことなのですが、掲示板などを見ると、子どもについてもタミフルの副作用と思われる異常行動や幻覚(奇声を上げたり、突然窓から飛び降りようとするなど…)は死亡にまでは至らなかったけれども、実際に起こっているケースです。しかも、それを医者に訴えても「子どもはよく熱を出すとうなされてそういうこともあるから」などとごまかされてしまうようなこともあるという恐ろしい話もあります。このニュースを受けて「厚生労働省はタミフルの副作用に関して改めて注意喚起を促すかどうか検討している」とありますが、この事実は今年の2月の話。そして、この亡くなったお子さんの親御さんはカンガエルーネットの会員さんだったようで、お子さんが亡くなられてすぐにスレッドを立て、会員の方々の意見をもとに起こした申請が受理された結果のニュースということになるようです。

インフルエンザそのものも怖い病気なのかもしれないけれど、一体どれくらいの割り合いでインフルエンザにかかり、死に至るのか、感覚として掴んでいる人はそんなに多くない気がします。それから予防接種の効果、副作用についても…。薬の副作用で亡くなることだってあるのだということも考えれば、マスコミの情報に煽られる前にもう少し冷静に病気そのもののことを考えてみたいと思うのです。新型ウィルスが流行すると日本では数万〜数十万人が亡くなるという試算もあるようですが、ウィルスと薬のいたちごっこでは、どう考えても人間に勝ち目はない気がするのです。事態がどんどん悪い方向に向かって行くようで本当に怖いです。長い目で見るならば、人としてできる対策というのはやはり普段から免疫を高めるように努力したり、人込みにでかけないようにするというのは消極的なのでしょうか…。選択って難しいけれど、少なくともマスコミ報道のあまりの偏り方は恐ろしいと感じます。


インフルエンザの予防接種に関しては(も)、本当にたくさんの問題を孕んでいて、予防接種を受けるにせよ受けないにせよ、各家庭での選択を決定する上で知って置くべき事実がたくさんあると感じています。ぜひ一度カンガエルーネットの関連スレッドを覗いてみてはいかがでしょうか?インフルエンザワクチンの予防効果について疑問を投げかける前橋レポートの全文もカンガエルーネット内で見ることが出来ます。それからこちらも専門家のご意見として…「インフルエンザ100の質問と回答(たぬき先生のお部屋)」


発刊されたばかりのこの本も読んでみたいと思っています。

今年はどうする?インフルエンザ―疑問だらけの予防接種と特効薬
母里 啓子
4880496065


posted by sayah at 14:49| Comment(12) | TrackBack(2) | +予防接種+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうどニュースのインフルエンザ大流行か?が気になっていたところ、貴重な情報をありがとうございました。

予防接種については、やらないとは思っていても、少し迷うところではあります。
ワクチンを接種するリスクと接種しないでかかってしまった場合のリスク(抗インフルエンザ薬や解熱剤含めて)をどう考えたらいいのか。
紹介していただいた情報をもとに、勉強してみたいと思います。
Posted by marua at 2005年11月12日 21:45
私もyahooのニュースで読んで、この副作用についてとても気になっていました。この薬の副作用、本当にこわいですね。突然お子さんを亡くされた親御さんの気持ちを考えると胸が締めつけられます。
子どもがインフルエンザで苦しむ姿を見るのももちろん辛いのですが・・・
今年は本当に大流行するのでしょうか。
Posted by ばにー at 2005年11月12日 22:21
こんにちは。
「爆笑!コドモの格言」というブログを書いているしんどうです。
実はなんと先日このブログの書籍化が決定しました。
そこで、本に載ってくれるお子さんを緊急募集しています!
全国の書店にて販売される予定ですので記念になると思います。
詳細は
http://blog.livedoor.jp/shindo2005/
こちらに載っています。
締め切りは11月18日(金曜日)です。
ぜひぜひよろしくお願いします★
また来まーす
Posted by しんどう at 2005年11月13日 22:34
>maruaさん

カンガエルーネットは医療従事者の方もコメントされていて大変参考になりますよね。もうご覧になったかも知れませんが、↓こちらのご意見はインフルエンザという病気に関してもタミフルという薬のことについてもとても分かりやすいと思いました。

http://www.kangaeroo.net/D-bbs-F-thread-threadno-3765-no-4243.html

我が家は予防接種は受ける予定はありませんが、高熱が出たとしても慌てず騒がず対処できるようによく勉強しておかなくてはと思います。

昔、アルバイトをしていた小児科で小さな子どもでも熱といえばポンタールっていう感じで処方をされていたのが今思うと怖いです…。

Posted by sayah at 2005年11月14日 22:13
>ばにーさん

本当にこの亡くなられたお子さんのことを思うと胸が塞がる思いがします。薬との付き合い方は難しいですね。素人には判断できないことも多いです。

私の祖母も入院していたときに、突然父に対して覚えのない恨み言を再三言うようになり、父が不審に思い、もらっている薬をすべて調べるとそのうちのひとつの薬の副作用に「妄想を見る」と言うのがあったのだそうです。そのことを担当医師に話して薬を変えてもらうように申し入れると、そんなことはないはずと医師が譲らず喧嘩になり、結局転院するハメになったという一件がありました。素人として納得の行かないことをとことん納得の行くまで誠意を持って対応してくださる医師の存在も大切だなぁと思います。

インフルエンザに関しても、薬で「治す」ことはできないのだから、子どもの治癒力を信じて待つことができるように普段の生活に日ごろから心を配りたいと思っています。

この冬、塩番茶うがいは必須ですね!
Posted by sayah at 2005年11月14日 23:03
>しんどうさん

初めまして、コメントありがとうございます。
2ヶ月も経っていないのに書籍化されるなんてすごいですね〜!おめでとうございます。

娘はまだ2歳なので、記憶に残るような格言というのはないのですが、これからに期待してます(笑)。
Posted by sayah at 2005年11月14日 23:06
今日、駅までの道を歩いていたら、
インフルエンザ予防接種の張り紙を見かけて、
私も近々記事にしようと思っていました。
ウイルスとワクチンのいたちごっこ・・・
でも人は絶対にウイルスの進化に勝てないと思います。
私も日々免疫力を高め、自己防衛することが大事だと思っています。
インフルエンザ大流行、と報道するのも、
ワクチンを余らせずに売るためだとも聞きました。
報道を鵜呑みにせず、自分自身で情報を集め、
判断することが本当に必要な世の中だと思います。
Posted by すいか at 2005年11月15日 17:54
ホントに、日本は「情報操作?」と疑いたくなるようなことが次から次へと起こるような気がして仕方がないですよね。

そもそもインフルエンザは自然に治すことができる病気なんですよね。マスコミの報道の仕方によって必要以上に不安を煽られているような気がします。

タミフルの販売量の8割以上が日本、という事実もとても怖いな〜と思います。このままではウィルスのパワーアップを助長するばかりでは…。

ごく一般的なケースにおいて、もう少し、広く長い目で病気というものを見られるようになることって必要だと思うのだけれど、社会全体が変わっていくのは難しいことなのかもしれないですね。
Posted by sayah at 2005年11月16日 23:59
はじめまして!
この問題についていろいろ考えていた矢先なので大変参考になりました。
しかも現在、紙おむつについての本(谷口先生)とシュタイナー教育についての本を読んでいる最中で、こちらのブログにすべて書いてあってびっくりしました(笑)
またじっくり読みに来ますね。
Posted by じゅい at 2005年11月20日 01:00
>じゅいさん

初めまして、コメントありがとうございます。
インフルエンザに関しては、新聞やニュースからはまだまだ伝わってこないことも多い印象を受けますよね。

シュタイナー教育に関して、私はまだまだ勉強不足ですが、同じように関心を寄せていらっしゃる方といろいろお話できたら…と思っています。

よろしければまた遊びに来てくださいね!
Posted by sayah at 2005年11月23日 01:00
はじめまして!
トラックバックさせていただきました。
うちには、4歳の女の子と0歳の男の子がいるのですが、インフルエンザ、注射しない予定です。
インフルエンザは風邪の一種、治らないものではないって思います。
自然に免疫がつけば、それが一番安全なのかな・・・

私もシュタイナーや自然育児を少し、実践しています
上の子が幼稚園に行ってからは、挫折気味ですが・・・(笑)
これからも、ちょこちょこ遊びに来ますね。
Posted by 荷葉 at 2005年11月24日 15:20
>荷葉さん

初めまして、コメントありがとうございます。

マスコミの報道だけを見ていると「インフルエンザは自然に治るもの」だなんて到底思えなくなってしまうような気がしますよね。確かにかかったらしんどい病気だとは思うけれど、乳幼児に対する安全性は不確かだはっきり言われているようなもの(しかも効果もはっきりしない)を、わざわざ打つ気にはなれないです。新型インフルエンザも心配だけれど、やっぱり毎日の積み重ねを大切にしたいと私も思っています。

私もまたお邪魔させていただきますね!
Posted by sayah at 2005年11月24日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

厚生労働省が新型インフルエンザ行動計画
Excerpt: 厚生労働省が14日に、新型インフルエンザが発生した場合の行動計画を公表したようです。
Weblog: Vivid Association
Tracked: 2005-11-14 16:52

インフルエンザ予防接種、受けますか?
Excerpt: 新型インフルエンザの懸念とタミフルの副作用・・・ と、話題に事欠かないインフルエンザだが、メイの幼稚園ママの間でも、やはり話題の中心だった。 もちろん、高尚な話題ではなく、注射を『受ける?受けない?』..
Weblog: 迷いながらも、自然派育児−メイとジンの成長記−
Tracked: 2005-11-24 14:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。