2005年05月26日

「ねこねこ 10ぴきのねこ」マーティン・レーマン

ねこねこ 10ぴきのねこ
マーティン レーマン Martin Leman 星川 菜津代
4887500483


この絵本はユズが1歳のときにブッククラブから配本されたものだったのですが、それまでの分かりやすく、明るい雰囲気の絵本から一変して、すごく大人の雰囲気漂う(と私はそのとき思った)絵本が届いたので意外に思ったのをよく覚えています。


油彩で丁寧に描きこまれた、猫達の肖像画のような絵本で、じっとこちらを見つめる瞳に吸い込まれそうになります。人と同じようにいろんな表情の猫がいて、いろんな性格の猫がいて、いろんなところに住む猫がいる…。たった1枚ずつの絵からそんなことも伝わってくるように思います。当時は絵本はろくに絵を見たりすることもなく、どんどんめくっていく方が主だったユズもこの絵本に関しては、一枚一枚の絵をじーっと見つめていたのが印象的でした。

分かりやすくて明るい雰囲気の絵本が赤ちゃん向けだと思うのは、大人の決め付けた考えなのかも知れないとふと考えた1冊です。
この記事へのコメント
素敵な絵本ですね!
今度図書館で借りてみようと思います。

ところで、ブッククラブはどこを利用しているのですか?
今は「こどものとも」を定期購読しているのですが、良い絵本とも限らなくて、クレヨンハウスのブッククラブにしようかなぁ・・・って迷っています。
福音館のブッククラブもあるのですが、福音館のみなのが難点です。間違いない本が届くとは思いますが・・・。
Posted by marua at 2005年05月28日 13:11
うちはブッククラブは童話館(http://www.douwakan.co.jp/
です。

ここは20年以上もの実績があって、絶版になった絵本を復刊(「おちゃのじかんにきたとら」などなど)させたりもしていてよい絵本がたくさんあります。

私も検討するにあたって、福音館は他社を扱わないのでやめちゃいました。福音館の絵本はよいものがたくさんありますけどね…。

その点では童話館は偏りがないし、童話館出版の本は会員価格で購入できます。この記事の絵本もそうです。親のための本というのもあり、そちらも結構参考になりますよ。
Posted by sayah at 2005年05月30日 14:17
童話館のブッククラブ、良さそうですね!
ありがとうございました。
検討してみます♪
Posted by marua at 2005年06月02日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。