2005年05月11日

『子どもにうたってあげるこもりうた ねんねんよー』ましま せつこ

nennnenyo.gif
ねんねんよー―子どもにうたってあげるこもりうた
ましま せつこ
492493884X


この絵本も童話館ブッククラブで配本されたもので、シューベルト、モーツァルト、ブラームスの代表的な外国の子守唄と日本で昔から歌い継がれてきた各地方の子守唄の14曲が収録されています。


真島節子さんの独特の優しくて素朴な画風にも心なごみますが、楽譜とCDもついていて、お母さんが子どものために覚えて歌ってあげられるように工夫されている絵本です。CDは日本の子守唄には伴奏がついていなくて、アカペラで歌われたものが収録されているのですが、この辺りからも『子どもにCDを聴かせるのではなく、お母さんの声で歌ってあげてください。』というメッセージが伝わってきます。

子守歌と言うのは、もともとは貧しい農村から子守り奉公に出てきた少女達の色々な思いから生まれたもので、「人を大切に思う気持ち」が込められているのだそうです。

幸せいっぱいな雰囲気の外国の子守歌の方が何となく耳慣れているのに、馴染みのうすい方言で歌われた哀感漂う地方の子守歌の方が不思議と心に響きます。自分が普段使わないような言葉でも、子どもも大人もつい口ずさんでしまうような歌ばかりです。ちなみに方言については、本の最後できちんと解説されています。

でも、寝かし付けにはあんまり効果を発揮していないような…。


posted by sayah at 23:29| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | +お気に入り絵本(0〜1歳)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一時期、うちの娘はこれを「読んで」と持ってきて、歌ってあげると「違うの!」と怒っていました。なので、二人で絵を見ながらお話をしていた事があります。それと歌が大好きなので、子守唄を歌うと喜んでしまって覚醒するので、やっぱりウチでも寝かし付けには役に立っていません(笑)
Posted by ako at 2005年05月12日 01:32
娘さんの気持ち、なんだか分かる気がします…。ストーリーを語ってもらいたくなるような優しく、楽しい雰囲気の絵ですものね。

娘も歌が好きで、歌を歌うとやっぱり「もっと、もっと!」ってなってしまうので、静かに聴いているうちに夢の中へ…とはいかないのですよね〜。
Posted by sayah at 2005年05月12日 22:33
トラックバックありがとうございます。
ねんねよーの絵本はCDもついているのですね。
それだと、自分もいろんな歌を知ることができて、もっと絵と歌の世界が広がりそうですね。

幼い頃に私がどのように母の歌を聞いていたのか、記憶は定かではありませんが、今、娘に歌を歌ってあげていると、頭の片隅に、その時の情景がぼんやりと浮かぶことがあります。
そんな優しい記憶が娘たちにも残っていくといいですよね。
Posted by Aya at 2005年05月14日 11:16
Ayaさん、わざわざ起こしくださりありがとうございました。

Ayaさんのところはご主人が歌ってくださるなんて素敵ですね。Ayaさんが言われるように、私も自分が子どもを持って歌や絵本に触れるようになり、自分が幼かった頃の思い出がふとよみがえってくることがたびたびあります。私も娘にそんな思い出をたくさん残してあげられたら…って思います。
Posted by sayah at 2005年05月14日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。