2005年05月07日

自家製発芽玄米(発芽玄米の作り方)

125-2535_IMG.01.jpg

玄米はぼそぼそして食べにくい、という方がよくいらっしゃいますが、そんな玄米も炊飯器ではなく、圧力鍋で炊くともっちりとおいしく炊けるものです。

一般にはそんな玄米より食べやすく(炊飯器で炊ける上、甘みが増す)、栄養吸収率も玄米よりいいとされる『発芽玄米』が製品として売られていたり、発芽玄米を作る機械などもありますが、高いお金を出さなくても発芽玄米は家庭で簡単に作れるものです。特にこの時期は暖かい窓辺などにおいて水を替えながら(雑菌の繁殖と酵素臭を防ぐため)2日も置いておけば、簡単に発芽します。冷蔵庫の上なども暖かいのでいいらしいです。水を替える手間を省いてゆっくりと発芽させるなら、冷蔵庫の中でも水につけておけば発芽しますよ。


125-2536_IMG0000.01.jpg

↑クリックで拡大します。
こんな風にぴょこっとツノを出したみたいになったら、出来上がり。中にはのんびりさんのまだ発芽していない玄米もあったりしますが、市販のものも発芽率は20%だという話もあります…。胚芽がぷくっと膨れていたらそれだけでも各栄養素の値は上がっているようです。

発芽玄米のメリットとして挙げられているのは、こんなところでしょうか…

・ギャバ(γーアミノ酪酸)※が多く含まれる(普通の玄米の約3倍、白米の10倍)
・カリウム、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルがより効率よく吸収される
・血圧を下げたり活性酸素を取り除いてくれたりする
・白米の5倍の栄養価

※ギャバの効能には血圧を下げる、中性脂肪を抑える、肝臓・腎臓のはたらきを高める
神経を鎮める、脂肪肝、肝硬変、骨粗しょう症、心臓病、便秘、大腸がんの予防。コレステロールの増加を抑える、自律神経失調症、更年期障害の緩和 などがあるらしいです。


うちはいつもは普通の玄米だったりしますが、本当は子どもには消化吸収のよい発芽玄米の方が合っているのかもしれません。

最近、スーパーなどでも見かけるスプラウトなどもそうですが、発芽の瞬間というのは植物のエネルギーがすごくアップするのだそうです。実際に作ってみると、ぷくぷくと酸素の泡が出てきて、玄米って生きてるんだぁ!って実感します。


【追記】
菌の増殖について、貴重なご意見を頂きました。詳しくはコメント欄をご参照ください。これから気温が上がってくるにつれ、あまり長く置いておくのは避けたほうが無難と言えそうです…。※『発掘あるある大辞典』の第294回の玄米の特集でも詳しく取り上げられていました。リンク禁止なので、興味のある方はHPで確認してみてください。







この記事へのコメント
初めまして、こんばんは。(*^-^)ニコ
ご訪問、書き込みありがとうございました。

>私も発芽玄米の作り方について載せています。12時間浸すだけでも効果はあるんですね!

0.5mm成長させるには2日かかります。
でも、玄米を2日間水に浸しておくと、菌の繁殖が原因で水と米が痛む可能性があり、菌(黄色ブドウ球菌、バチレス菌など)の増殖は下痢などの要因になります。そして菌の増殖は、玄米特有の臭みの原因にもなります。
しかし、12時間までの浸水では身体への影響はないので、12時間の浸水でも発芽パワーは少なくとも最大値の6割はあります。
菌の増殖を7割抑えるには、塩水に浸けると静効果があります。
やはりこれからの季節、怖いですものね。

どうかお試しくださ〜い。
そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。m(._.*)mペコッ
Posted by 姫シャガ at 2005年05月08日 20:59
姫シャガさん、コメント&アドバイスありがとうございます。

菌の繁殖についてちょっと不勉強でした…。調べてみると、黄色ブドウ球菌は加熱することで死滅はするものの増殖過程でエンテロキシンという毒素が作られてしまうと、食中毒の原因になるようですね。(http://www.fruit-safety.com/kw/25up.htm

今までは問題なく食べていましたが、子どもも口にすることだし、塩を入れたり、少し置く時間を短めにしてみることにします。

貴重なご意見ありがとうございました。こちらこそどうぞよろしくお願いいたしますね。
Posted by sayah at 2005年05月08日 23:07
マクロビオティックの先生がおっしゃっていましたが、炊飯器のふたを開けたままで(温度が高くなりすぎないように)4時間保温すると発芽するそうです。
発芽する直前が一番パワーがあるみたいですね。
4時間に満たなくてもできるだけ発芽に近づけるといいそうですよ。
Posted by marua at 2005年05月12日 18:32
maruaさん、コメントありがとうございます。

そんな方法があるんですね!やっぱりできるだけ手短に発芽させたほうがいいですよね…。記事の情報は、一応自然食品の店などから得たものだったのですが、あまり長く置いておくのは危険も伴うのだなぁって分かってよかったです。

maruaさん、マクロビオティックの教室に行かれているのかな?私はまだまだ本を参考に自己流です(>_<)あ、それとmaruaさんが勧めて下さった相田百合子さんの本、買いましたよ♪今、またレーズン酵母に挑戦しているところなので、上手くいったら次は梅酵母にも挑戦しようと思っています!
Posted by sayah at 2005年05月12日 23:06
なぜか途中で切れちゃいました。

maruaさんの勧めて下さった相田百合子さんの本、買いましたよ♪今またレーズン酵母に挑戦しているので、それが上手く行ったら梅酵母にも挑戦しようと思っています!
Posted by sayah at 2005年05月12日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。