2007年02月22日

おまるでおしっこ

最近はECなんて言われているようですが、かりんも始めてみることにしました、『排泄コミニュケーション』

小さい赤ちゃんでもちゃんとトイレでおしっこできるというのを知ったのはユズがまだ赤ちゃんだったころ。テレビでモンゴル(だったと思う)の赤ちゃんは日ごろからおむつをしておらず、その理由はおしっこが出そうになるとお母さんがさっとトイレに連れて行くので必要がないのだというのを見たのがきっかけでした。赤ちゃんがおしっこうんちが出そうだというのを表情やしぐさで見分けられると言うのは当時なんだか衝撃的でした。私には全然そんなサインが分からなかったから。それを当たり前のようにやってのけるお母さんたちを目の当たりにして、自分は母としてまだまだ子どものことを全然見ていないんだなぁとはっとさせられた出来事だったのです。

その後もあちらこちらのブログ等で生後数ヶ月の赤ちゃんをちゃんとトイレで用を足すようにしている方の記事を読んだりして、かりんには『おむつにするのが当たり前』と認識してしまう前にトイレでの排泄の気持ちよさを教えてみようと思っていたのです。

このごろはかりんも朝起きてすぐは特にまとめておしっこが出るので、まず始めは朝一から...と試してみたところ、いきなり大成功!しかも、本当に気持ちよさそうににっこり笑ってなにやらお話しているではありませんか〜。それがあんまり可愛かったのでおむつ替えなどのついでにちょこちょこおまるに座らせてみているのですが、これが毎回面白いように成功するのです(今はおしっこの回数自体多いのもあってでしょうか)。赤ちゃんでもやっぱりちゃんと分かるんですね。おまるに座ると顔つきがちょっぴり変わって「今から出すぞ!」って感じでちょっと気合が入るのです。

とは言え、相変わらずサインのようなものはさっぱり私には分からないのですが...でも、楽しくおトイレタイムが出来て、早くおむつが取れたら一石二鳥(笑)。

ユズのときはしばらく紙おむつと併用でしたが、かりんは今のところ布オンリー。寒い時期はやっぱり昔ながらの輪のおむつがすぐに乾いて重宝します。夜間や外出時はユズのとき同様、ソフトベビーを敷いて持たせています。
posted by sayah at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | +布おむつライフ+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます^^
へぇ〜小さな赤ちゃんでもトイレでできるんですかっ!面白いですね!赤ちゃんはおむつをする・・・私たちが常識と思ってることでも、ただ思い込んでるだけなのかもしれませんね。赤ちゃんにしたら、おむつを汚して泣くより、すっきりトイレでおしっこできた方が気持ちがいいはずですよね。なんだか目から鱗の気分です。うちのチビは、ウンチが出るのが分かりやすいから、早速、試してみようっと♪面白いお話ありがとうございます〜!^^
Posted by sakura at 2007年03月01日 00:29
sakuraさん

このところ、読み逃げでごめんなさいね...。前の記事に私も同じような立場なのでコメントしようと思っていたのですが、何だか上手く言葉にならなくて。でも、sakiちゃん、随分落ち着いてきたみたいでよかったですね。sakuraさんの対応がどうだったからとかじゃなくて、上の子どもはきっとみんな通る道なんだと思います。

そうそう、EC面白いですよ。赤ちゃん、本当に気持ちよさそうに笑うんです。モンゴルの子どもの放映のときに『おむつをして育てるということは子どもにおむつに排泄しなさい』と教えているようなものだというようなことを言っていて、結構ショックでした...。そういわれてみればそうなだんですよね〜。でも、楽しめる範囲でやってみると何か発見があるかもしれませんよ♪
Posted by sayah at 2007年03月03日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。