2005年04月20日

アースシップ建築

アメリカで生まれたエコロジーハウスのひとつに『アース・シップ』というものがあるということを最近知りました。

これは、タイヤや空き缶などの廃物を利用して建てる家で、古タイヤに土を詰めてレンガのように積み上げることで蓄熱でき、水は循環させて使ったり、電気は風力・水力・ソーラーパネルの利用などで自家発電するのだそうです。

ストローベイルハウス』と違い、『アースシップ』は廃物なので土には還りません。でも、エネルギーを一般の住宅に比べて大幅にカットできることや、リユース(再使用)するという意味ではこれもひとつのエコロジーの形なのだと思います。日本においても容器包装リサイクルシステムのように、結果的に機能していない部分もある現状を考えれば、リユース・リデュースにも目を向けていくべきなのだと思います。


『アースシップ』に関しては、日本語で詳しく書かれているサイトがほとんどないようですが、下記のサイトに少し載っています。

・ゴミで作ったエコロジー住宅『アースシップ』が人気()(

ココでアースシップ建築の写真がたくさん見られます。

日本にはまだ存在しないのでしょうかね〜。法規上、まだ無理なのかもしれません。


「家を建てる」ことはまだまだ先の話になりそうですが(実現できるかどうかも「?」)、住まいの形を考えることが、生き方・暮らし方を改めて考えるきっかけ(その逆も)にもなっていくのではないかなと感じる今日この頃でした。



posted by sayah at 11:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | +住まいのかたち+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Re:サスティナブル建築論 to はるな
Excerpt: サスティナブル建築論の授業っておもしろそう!! ストローベイルハウスの様に大地と循環して成り立っていくものやリサイクルで成り立っていくもの、メンテナンスを繰り返して成り立っていくものなどなど・・・考..
Weblog: 「藁の家」
Tracked: 2005-04-21 01:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。