2006年12月10日

お助けグッズ

かりんは生後2ヶ月が過ぎ、体重も既に出生時の倍。なんだかすっかり大きくなってしまって、あの生まれたてホヤホヤの小ささが名残惜しく感じるのは2人目の余裕なのでしょうかね。このごろはじーっと目を見つめてにっこり微笑んだりするので、みんなメロメロで〜す。

それにしても、かりんはどうやらおませさんで欲求の多い赤ちゃんのようなのです。1ヶ月検診で助産婦さんの顔を見るなり、下唇を突き出して泣きそうな表情をしたので助産婦さんにも「もう人見知り!?」とびっくりされたほど。でも、まだ本格的な人見知りではなさそうなのですけどね。日中は寝ても覚めてもとにかく抱っこ抱っこ。ユズのとき同様ベビー布団は不要の子なのです。

抱っこといっても、なんでも良い訳ではなく微妙な角度やトントンしてあげる位置にもこだわりのある様子のかりん。スリングに入れても上手くお気に召すような体勢にならないとぐずるようなことも多くて、見かねた助産婦さんがお助けグッズを貸してくださいました。『トコちゃんベルト』で有名な青葉という会社の『おひなさま』というメッシュのおくるみ。赤ちゃんを布できつく巻いてあげると胎内を思い出して安心するというのは聞いたことがあったのですが、なかなかこれがいいのです。眠いときなどは、このおくるみできつめに巻いてあげると大人しくなって、じきに眠っていくようになりました(それでも床に降ろすとやっぱり起きちゃうので抱っこしたままなのですが)。晩もやっと長いときで5時間眠るようになって少しラクになりました。でも、実はかりんの寝かしつけが一番上手いのは夫なのです...母の立場が...(汗)。伸縮性のある生地なら代用できるのではないかと思うので、試してみる価値あり!です。

それから、もうひとつ、うちにはなかったベビーラックまでお借りしています。スイング機能がついているのですが、かりんはただ揺らしていてもダメで押して進みながら揺らして欲しい様子。でも、これをお借りしてからご飯の用意のときなどはユズがベビーシッターぶりを発揮してくれるので随分助かっています。

助産婦さん曰く、『違いの分かる女』かりんなのでした。

この記事へのコメント
すごい!
かりんちゃんもすごいですが、sayahさんの観察力に脱帽です。
見習わなくては〜!

それにしてもご主人、寝かしつけがお上手だとは!
その間息抜きしましょ♪
Posted by ゆん at 2006年12月11日 21:19
●ゆんさん

そうなのです、私が抱いてぐずっているときでも夫が抱くとぴたっと泣き止んだりするのですよ!やっぱり体をまあるく腕にすっぽり収まるように抱かれるのが落ち着くみたいです。

夫が休みのときは抱いててもらって家事をまとめて片付けできるので助かってます♪

もうすぐ3ヶ月、近頃はご機嫌な時間も少〜しずつ増えてきましたよ。
Posted by sayah at 2006年12月17日 04:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。