2006年11月29日

幼稚園が決まりました

去年いろいろ考えて、2年保育に決めた幼稚園でしたが、来春からユズが通う幼稚園、ようやく決まりました。

自宅から頑張れば自転車でも通えるくらいの距離のところにある小さなキリスト教系の幼稚園。

子どもの人数が少ない割にはベテランの先生方がたくさんいらっしゃり、例えば、お誕生日会は子ども一人ひとりの誕生日にきちんと祝ってくださるような、とても家庭的で暖かい雰囲気の園です。家庭での時間を大切にという主旨から保育時間も短めです。

もっと近かったら通わせたかったなぁと思うシュタイナー園があったのですが、車で40分かかるのは、きっと子どもには大きな負担になるだろうと思い、諦めました。シュタイナー教育をかじり始めたころは、あちらこちらの幼稚園を見に行っても、表面的なことばかり見ていたような気がします。でも、少ーしずつ(本当にゆっくりですが)学んでいくうちにやっぱり大切なのは、『心』だなぁってしみじみ思えるようになりました。当たり前のようだけど、以前の私にはなかなか気づけなかったことのような気がします。そして、どこの園に行かせるかということよりもっと大切なのは私自身...。まだまだ親として人としてたくさんたくさん成長しなければ。

春からユズも私も新たな世界が開けると思うと、とても楽しみです。


139-3990_IMG.JPG
ついたて(作り方はコチラを参照)とカーテンを作って前から作ってみたかったそれらしきコーナーが完成しました〜。ユズはここで毎日お店屋さんごっこをしています。
この記事へのコメント
ユズちゃんの幼稚園、決まったんですね。おめでとうございます。
私も、そらの幼稚園、決めました。歩いて30分くらいの、小さくて、毎日お弁当のあるところです。sayahさんのおっしゃる、
>どこの園に行かせるかということよりもっと大切なのは私自身...。
という言葉通り、特にこの半年間は、娘のこと、家族のこと、将来のことを改めて考えさせられましたし、何よりも私自身がたくさんのことを学ばせてもらいました。自分の中でウンウンと悩み続けた時間は無駄じゃなかったなと、そしてこれからの2年間を大いに楽しみたいと、そう感じています。
もうすぐユズちゃんも4歳ですね。うちもあと少しです。4歳のお姉ちゃんともなるとなんだかちょっと違いますよね。娘の成長に追い越されないように、私もがんばらないと(笑)。この冬も、すてきな思い出がたくさんできそうですね。
Posted by kabu at 2006年12月01日 01:17
●kabuさん

ありがとうございます!そらちゃんも幼稚園、決まったのですね。うちも本当は歩いていける距離のところが理想だったのですが、おじいちゃんたちにも送り迎えを協力していただけそうなので、少しだけ離れた園に決めました。

ユズはかりんが生まれてから、なんだか急にしっかりして、周りからもお姉ちゃんになったねと驚かれたりしていますよ。4歳ともなると、本当にもうなんだか一丁前!って感じがしますよね。でも、幼稚園、一人で楽しく通えるようになるまでは時間がかかるかな...それがちょっぴり心配です。

自分自身の成長、なかなか思っていても自分の小ささに心の狭さに嫌気が差したり、進歩しない毎日ですよ、トホホ...。

お互い、この冬は家族でゆっくり過ごせる最後の冬かも知れないですねー。思い出たくさん作りましょう♪
Posted by sayah at 2006年12月01日 23:01
sayahさん、こんばんは。
なかなか、コメントできないのに、私の方にはいつも、ありがとうございます。
そして、ユズちゃんの幼稚園決定、おめでとうございます。

メイの幼稚園を決める時、『どんな幼稚園でも、子どもは育ったなりに育つのよ』と言われた事があります。
そのときは、『そんなものかな』と半信半疑でしたが、最近、それが、とてもよくわかるのです。
肝心なのは幼稚園ではなく、親の心構えだということなのだと思います。
各家庭の躾とでも言うのでしょうか。

きっと、「あ〜〜、この幼稚園に入れてよかった」と思うこともあるでしょうし、「何でこんな事覚えてくるの!!」と思うこともあるかと思いますが、春からの幼稚園生活、楽しんでくださいね。
Posted by 荷葉 at 2006年12月02日 01:14
●荷葉さん

いえいえ、こちらこそ、いつもコメント入れてくださって嬉しいです♪

荷葉さんが「人間関係が閉鎖的な気がして...」とおっしゃるのが私もなんだか分かるのですよね。同志で集まると「何でこんなこと覚えてくるの!」という事態は避けられるし、親はラクで楽しいかもしれないけど、子どもにとっては普通とは違う、もしかしたら特殊な環境なのかも知れないなと思ったり、でも幼少期はそれくらいして守ってあげてもいいかなぁとも思ったりなのですが。

でも、いずれにせよ肝心なのは四六時中子どもに影響を与え続けている親のあり方ですよね。

幼稚園で多少好ましくない影響を受けてきたって、それはそれでいいじゃない、とおおらかに受け流せる親でありたいなぁと思っています。

Posted by sayah at 2006年12月02日 09:12
素敵なコーナーが出来上がりましたね!
園も決まってよかったですね〜!
うちもシュタイナーをあきらめましたが、月一回の親子クラスに通ったり、手作りを楽しんだり、出来るだけ親子の時間を作ったり、色々試行錯誤しながら頑張っています。
シュタイナーをしらなかったら、同じことをするのにも違った方向に行っていたかもしれないし、園に行かなくても色々家で出来ることはあるなぁなんてやはり思っています。
sayahさんはブログで感じるのですが、園にいかなくても十分環境を整えて、とっても素敵に子育てできていると思いますよ〜!
うちも保育園でそれはもうびっくりするくらいの影響を受けてくるけど(笑)つかれちゃうので流しています・・(いい加減なんですが・・笑)

最近羊毛にはまっていて、黙々とぶっきーと作っています。
人形の母体を作ってあげると、上手にお洋服を着せてあげることが出来るんです)
シュタイナーって物を作る会じゃもちろん無いけど、季節のテーブルとか、知れてよかったなぁって心底思います。。。
Posted by みちょっこ at 2006年12月03日 02:23
●みちょっこさん

そうなんですよね〜。分かっているつもりでも理想どおり行かないことは多いけれど、念頭にあるのとないのとではやっぱり違うと思うので私も細々と勉強を続けています。

我が家の環境は全然整っていないんですよ〜。取り入れてはいるけれど、おもちゃひとつとってもいただきものと混在していたりして、なかなか理想どおりにも行かずです。せめてリズムのある生活をしなければと思うのですが、これも日々の雑事に流されてしまうことが多く、なかなか上手くいきませぬ...。

うちも月1の親子教室に行っているのですが、行くといつもハッとして反省する...それの繰り返しです(苦笑)。
Posted by sayah at 2006年12月10日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。