2005年03月29日

我が家のトイレトレーニング

0329.jpg

暖かくなってくると、そろそろおむつはずしを考える方も増えてくるかも知れませんね。
参考までに、ユズのおむつはずしに関することを少しお話しようと思います。

オムツはずしの時期は、年齢よりも身体の発達を目安にすることが重要です。
膀胱の機能の発達には個人差があり、おしっこが2時間程度溜められるようになってから始めるとスムーズに行くようです。

我が家の場合は、ユズのおしっこの間隔が2時間程度空き始めた去年の夏に開始しました。

布おむつを使っていたとはいえ、おしりが濡れないようにできるライナーを使用していたので、ユズはおしっこをしてもきっとあまり出た感覚はないのではないかと思い、まずはそのライナーをとるところから始めたのですが、おしっこが出ても全然気づいていない様子…。気持ち悪がらないのです。トレーニングパンツも何枚か用意していたのですが、これも結果は一緒でした。これでは意味がないと思い、結局思い切っていきなり普通のパンツに変えることにしたのです(母も義母もこのやり方だったと聞いていたし…)。ユズは標準より少し小さめ体型なので普通のパンツはサイズが合うものがなく、手芸店でオーバーパンツの型紙をもらってきて、コットンジャージで手作りしました。ユズはおしりが軽くなり、夏場だったのでパンツの方が涼しいし、とても喜んでいました。

でもいきなりパンツにすれば、当然おしっこしたら床に垂れ流しです!でも、こうすることによってユズは確実におしっこが出たということを意識できるようになりました。最初は気づくのはいつも出てからなので、「次はトイレに行ってみようか。」と誘い続けて1ヶ月を過ぎた頃始めておまるでおしっこが出来たのです。『おしっこが出そう』という感覚に子どもが気づけばそこからは早いもので、ふと気づくとこちらが声をかけなくても自分からパンツを脱いでおまるに座りにいくようになっていました(その間失敗することもありましたが)。

外出時に関しても、おまるに自分で行けるようになってからはおむつをしたがらなくなり、無理におむつを履かせるのも、ユズのプライドを傷つけるかなぁと思い、万一のときの着替えを何枚か用意して出かけるようにしていたのですが、意外と本人も「失敗できない」という緊張感があるのか、着替えが必要になったのは数えるほどだったと思います。外の暗いトイレや家と違う和式のトイレでもできるかなぁという不安もあったのですが、ユズはどこでも全然平気でした。


そうこうしているうちに夜中のおむつもやっぱり嫌がるようになり、前に用意していたトレーニングパンツで寝かせることになりました。その頃から朝まで一度もおしっこがでないということもあり、かなり膀胱の機能は発達してきていたのだと思います。とは言え、出てしまうときは出てしまうので、布団一枚をおねしょ専用にして使っていました。そうやっておねしょを繰り返して気持ちの悪い思いをしているうちに本人も夜中でもおしっこが出そうになったら意識できるようになり、眠りが浅くなってきたときにおしっこを教えてくれるようになり、今はおねしょすることもなくなっています。


そんな感じで我が家の場合はかなり大胆なやり方だったかもしれませんが、結構スムーズに行ったような気がします。ただ、本人にトイレを意識させてみようと思った絵本だけは失敗でした(過去ログ参照)子どもは結構親の顔色を伺ったり、こちらの考えていることがお見通しだったりします。それだけに、できるだけプレッシャーにならないような形で上手くトイレに行けるようになるよう配慮はしました。まだ、張り替えて2年も経っていない床におしっこを垂れ流されるのは若干ツライ気持ちもあったのですが、拭いてしまえばおしまいだし、そのショックな気持ちはユズには伝わらないようにということだけは努めました。

それと、おまるか補助便座かということについては、ユズは補助便座は足が着かないのが不安に思うのか座りたがらなかったので、後からベビービョルンのおまるを買いました。この形だと椅子に座ったような感じで足もしっかり安定するので、使いやすかったみたいです。部屋の隅っこに置いてあげると、ユズの場合は安心するみたいでした。ボールだけ取り外せるので私にとっても掃除がしやすくてよかったです。でも、おまるに行ける様になってまもなく大人と同じようにトイレに座りたがるようになったので、使った期間はごくごく短かったのですけどね…。そういう意味ではおまると補助便座が一体になったグッズが便利かもしれません。


あと、面白かったのはキャラクターが意外と役に立ったということ。パンツも最初は無地だったのですが、ユズがお友達のところでムー○ーの紙おむつを見つけてプーさんがいいと言い出したので、ユズのパンツにもアップリケをつけてあげたのです(プーさんじゃないけど)。そうしたら、「パンツのうさぎさんがトイレに行こうって言ってるよー」などと誘うとすんなりトイレに向かったりしていました。おまるのくまさんも同様によい助っ人になってくれました。おしっこをするとキャラクターが出てくるシートのようなものも売っているみたいですが、こんな風にトイレを楽しくする工夫って必要かもしれませんね。


ユズはおむつが取れた頃から何かと「お姉ちゃんだねぇ。もう赤ちゃんじゃないねぇ。」と言うようになり、いつも一緒に遊んでいるぬいぐるみにおむつを履かせて、トイレに連れて行ってあげたりして、自分が一歩成長したことが他のことでもすごく自信につながっているように思えました。


…なんだか、ホントに我が家の経過をお話しただけで終わってしまったので、最後に…トイレトレーニングについてココで分かりやすく解説されています!(紙おむつメーカーだけど(^_^;)
posted by sayah at 23:53| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | +布おむつライフ+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。素晴らしいトイレトレーニングですね。
我が家の息子はもうすぐ2歳になります。
そろそろトイレトレーニングをと考えておりました。
参考にさせていただきます♪
親も子供も忍耐ですね。頑張ります!(^^)
また色々と教えて下さい!

追伸:前回のコメントでは大変失礼致しました。
以前のコメントで「自宅出産をされた方ですよね?」とありましたので、間違えられているのかな?と私が勘違いしてしまいました。
ちなみに私は普通の産院で出産しました♪
Posted by どんぐり at 2005年03月30日 00:20
どんぐりさん、こんばんは!

ウチの場合はなんだかたまたま上手く行った様な感じですが、やっぱり親も子もあんまり構えすぎないほうがいいのかなぁって思いました。

どんぐりさんのお子さんもそろそろ始められるのですね。おむつが取れるとひとつ仕事が減ってラクになりますよ♪


サイト名の件ですが、私の方こそ勘違いしてたみたいでごめんなさいね。というのも私が以前から伺っていた「どんぐりころころ」さんに左脳派パパさんがコメントされていたのを見て、そこに『同じく自宅出産で「どんぐりころころ」というサイトがあります』と書いてあったように記憶違いをしていたのです。

ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします♪
Posted by sayah at 2005年03月30日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BEAR BOX 5分丈 モンキーパンツ 80? グレー
Excerpt: BEAR BOX 5分丈 モンキーパンツ 80? グレー 2枚セット 433271・航大4ヶ月健診・ジョギング・注目のベビーレッグカバー・メイドインアース オーガニックコットン トレーニングパンツ ...
Weblog: ベビー 赤ちゃんをあなたに捧げます
Tracked: 2008-02-04 06:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。