2005年03月25日

花粉症が治るお米??

花粉症の症状を緩和する稲が開発され、2007年には実用化される見込みだそうです(読売新聞の記事より)。少量のアレルギー物質を注射し続けることによって身体を慣らす「減感作療法」と同じ原理で、スギ花粉と同等のタンパク質が蓄積されたおコメを食べ続けることによって、その効果が期待できるということなのですが、なんだかコワイ感じがしてしまいます。

アレルギーで悩む方にとっては、効果があるのならどんなものでも試してみたいと思うところなのかも知れませんが、実はこの稲は遺伝子組み換え植物なのです。同種間の交配のみを行う品種改良と違い、遺伝子組み換えは特定の性質をつくる遺伝子(同種・異種にかかわらず)を組み込むもので、環境や健康への影響ははっきりしていません。実害が確認された例もあります。⇒昭和電工トリプトファン事件

国はどうやら長期に渡る影響というものを無視して、開発企業から出されたデータのみで安全性の審査を行っているらしく、国が認可しているからといって安心はできません。

それに何かの間違いで、花粉症とは無縁の人がこのイネを食べてしまったら…!?。


そもそも、昔は花粉症などなかったのですから、自然に手を加えることへの代償は大きいように感じてなりません。

・遺伝子組み換えイネは他にもいろいろあります⇒遺伝子組み換えイネ監視市民センター

・遺伝子組み換え作物について非常に詳しいサイトもありました。⇒安田節子.com

この記事へのコメント
度々、こんにちわ。いつもながらの素晴らしい情報量ですね。いつもいつも勉強させてもらってます。
さて、全く今日の日記とは関係ない話ですが、先日私へコメントを返してくださった際にご紹介くださった「どんぐりころころ」さんを私も度々拝見するようになりまして、そこでsayahさんの書き込みを見たので、ちょっとお話がしたくて来たのです。私も、マリエン薬局のレメディウムを今頼んでいる最中でして(夫&実両親のため)、到着を楽しみにしているところです。マリエン薬局ではハーブティーも扱っていて、なかなかこれが効くんです。冷え症対策ブレンドを飲んだことがあるのですが、飲むと本当に体が温まって、私の場合は、肩こりも解消します。ちょっとお高いのが玉にキズですが、興味がおありでしたら、ホメオ共々お試しください。って、回し者ではありませんからご安心を。
Posted by さくらこ at 2005年03月25日 15:11
さくらこさん、コメントありがとうございます♪

遺伝子組み換えイネの話は、以前から記事にしようと思っていたのですが、知識があいまいな部分もあったので、今回記事を書くにあたって私自身も勉強になりました。『情報量』といってもいつも他のサイトさんに頼ってばかりなのですけどね(^^;)

マリエン薬局はホメオパシーのお店では有名なのでしょうか?ハーブティーの薬効に関しては私も母乳分泌がよくなるハーブティーでそれを実感しました。

でも、確かに飲み続けるとなると毎月の出費が大きいのが辛いところですよね…。

まだ、1年くらいは母乳育児が続きそうなので、まずは自分の体調が悪いときにレメディを試してみたいなぁと思っています!

まずは勉強から…ですね。
Posted by sayah at 2005年03月25日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。