2005年03月20日

はじめてのぼうけん(1)『ぴょーん』まつおか たつひで

はじめてのぼうけん〈1〉ぴょーん
まつおか たつひで


この絵本はいろいろな動物・鳥・魚、そして人が『ジャンプをしようとしている絵』→『「ぴょーん」とジャンプしている絵』と言う風に繰り返される絵本なのですが、ジャンプしているときのしぐさや表情が面白いのか、ユズは本当に繰り返しこの絵本を読みました。

かたつむりさんだけは、ジャンプしようとして「ダメか…」と諦めるのですが、最近、ユズはそれを見て「もう少し大きくなったらジャンプできるようになるのかなぁ。」なんて言うのです。自分自身も成長に従っていろいろなことができるようになってきたことを実感し、誇りに思っているのでしょうか。

そんな風に子どもは絵本に励まされたり、自分も励ましたりしながら、様々なことを感じているのだなぁと思わされた一冊でした。

posted by sayah at 21:55| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | +お気に入り絵本(1〜2歳)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私のつぶやきのようなプログに、トラックバックありがとうございました。
子供がいると、思う存分、絵本買えますねー。
子供のいる生活に感謝です。
これからもよろしくお願いいたします。
また、ゆっくりお邪魔させてくださいね。
Posted by ぽち at 2005年03月20日 22:18
ぽちさん、わざわざお越しくださりありがとうございます!

私自身も子どもと一緒に絵本の世界を堪能していますよ♪

私もまたお邪魔させていただきますね。
Posted by sayah at 2005年03月20日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。