2005年03月09日

何を優先させるか

できる限り身体に優しいものを食べるようにしたいという思いは強くても、我が家の食費にかけられる予算にも限界があり、やっぱりある程度妥協しなければならない部分というのも出てきます。

そこで、何から順に優先させていくのか、ということになるのですが、粗食のすすめの幕内秀夫さんは著書の中で

一番目は調味料
二番目は水
三番目は加工食品の見直し
最後が素材

と書かれています。
我が家では水に関しては、今の家に引っ越したときにシーガルフォーを母が買ってくれたのですが、それ以外は調味料より素材の方が気になっていました。

でも実際調味料を良いものに変えると、料理の味が随分変わることに気づいたのです。特にみりんはきちんとした製法で作られているものを使うと全然違います。舌がそれほど敏感ではない私でも料理の腕があがったような気にさえなるくらいです。

加工品はやはりもとの素材の出所(安価だけれど危険性の高い輸入製品である場合も多い)が気になるし、加工する過程でどうしても添加物の問題が出てくる場合が多いので、利用はできるだけ避けたいところ。でもラクしたいときもあるから難しいのですけどね。

素材に関しては、まずは国産を大切に。あとは野菜は旬の地場野菜を買うようにはしていますが、有機野菜でないものを買うこともあります。お肉はユズがまだ食べないので、飼料や飼育環境に問題があるかもしれないものも買うときもあったりします(母乳で育てているのでホントは完璧にしたいところなのですが)。魚介類も加工品は避け、養殖ものはできるだけ買わず(抗生剤投与の可能性があるため)に近海で取れたものを選ぶようにしています。

でも、安全性もさることながら、効率性や価格を抑えることを重視せず、本来のやり方で作られたものは当然ですがやっぱり味が全然違います。本当においしいので、外食を減らすなど工夫して、できるだけ家で使う食材にお金をかけたいなと思うようになりました。そして、生産者の方々の思いをこちらも大切にしなければという気持ちも芽生え、野菜なども保存方法などを勉強するようになりました。(今までは本当に適当で根菜を冷蔵庫に入れてしまったり、葉物をダメにしたりしていたのです…)

子どもが学校に上がれば給食の問題も出てくるし、食とどこでどう折り合っていくのか難しい問題ですが、これから試行錯誤しつつ考えていこうと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2320340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。