2005年03月06日

『おっぱい おっぱい』わかやまけん

ISBN4-494-00214-3.jpg
おっぱいおっぱい
わかやま けん



こぐまちゃんシリーズでお馴染みのわかやま けんさんの絵本です。
こぐまちゃんシリーズより後に出版されているこの絵本は色使いも優しく、個人的にはこのタッチの方が好みです。

いろいろな動物の子どもたちがおっぱいを飲む姿が描かれ、最後が人なのですが、これが赤ちゃんではなく、ユズと同じくらいの歳の女の子(に見える)なのです。この手の絵本では、大体おっぱいを飲んでいるのは赤ちゃんなので、「おっぱいは赤ちゃんだけのものじゃないよ。」という暖かいメッセージのように感じられて嬉しくなりました。

ユズもこの絵本のタイトル「おっぱい おっぱい」を読んだだけで、いつも嬉しそうに笑います。そして繰り返し読んでは、自分もまたおっぱいを飲んだりして、動物の子どもたちも自分もみんな同じなんだ、ということを感じているようです。



posted by sayah at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | +お気に入り絵本(2〜3歳)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。