2005年02月25日

『もう おきるかな?』まつのまさこ/やぶうちまさゆき

30410572.jpg
もうおきるかな?
まつの まさこ


この絵本は動物の親子たちが、寝ている場面「○○よくねているね。もうおきるかな?」→起きている場面「あー、おきた!」の繰り返しで構成されているものなのですが、動物が本物そっくりに描かれているため、子どもを強く惹き付けるように思います。写真ではなくて、本物そっくりに描くということにはどうやら意味があるようです。

赤ちゃんの本棚』という著書には、立体感のある写真が小さい子にはフクザツであること、それを絵にすることで人の目をそらしたり、目的に必要な特徴を取り込んだり、意図した印象を損なう特徴を排除できるのだということが書かれています。

この絵本の絵を担当されている薮内正幸さんは、他にも『どうぶつのおかあさん』『どうぶつのおやこ』など、動物を描いた絵本を多数描かれています。どれも動物への愛情が伝わってくる、ほのぼのとした内容の絵本です。


ユズも1歳を過ぎると、寝ている動物たちに自分がいつもされているのと同じように背中をトントンとしてあげたり、起きた動物に「おはよう!」と声をかけたりして楽しんでいました。
また、眠る前には反対から読む(起きていた動物が寝ていくように見えます)という楽しみ方もできる絵本です。


posted by sayah at 12:06| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | +お気に入り絵本(0〜1歳)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました☆
「自然育児」と呼べるほど立派なものではないのですが・・・(^_^;) いいな、と思えるものを選択していったら、自然と昔ながらの育児になっていたという感じですw
育児そのものはかなり大雑把なので、お恥ずかしい限りです。

とても興味深いエントリーが多い、素敵なブログですね♪今日は仕事から帰ってきたばかりなので、また後日ゆっくり遊びに来ますね!今後ともよろしくです〜
Posted by ルミママ at 2005年02月25日 22:47
ルミママさん、遊びに来てくださりありがとうございます!

確かに、私も数ある選択肢の中から自分が良いと思えることを実践していくうちに、それが結局の所、どれもが昔からあったものばかりでした。

良いと思えることが共通する方とは、自然と育児のスタイルやキーワードが似てきますよね。

ルミママさんは今月お仕事復帰されたばかりなんですよね?頑張ってくださいね。私もまたちょこちょこお邪魔させていただきます。
Posted by sayah at 2005年02月25日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。