2005年02月19日

『ころころころ』元永定正

ころころころ
元永 定正


この絵本は2月14日の記事で紹介した『もこもこもこ』の絵を書かれている元永定正さんの絵本です。カラフルなボールが階段を上ったり下ったり、いろいろなシーンを旅していくというものなのですが、「ころころころ」という音の響きが心地よく、球体に興味を持つ赤ちゃん時代には特に楽しめる絵本だと思います。


背景の色も変わっていくので、子どもによって様々な捉え方ができるようになっています。たとえば背景が黒いページでは夜に見えたり、トンネルの中に見えたり…

元永さんの絵本はどれも子どもに解釈が委ねられていて、言葉の響きも楽しいのですっかりファンになってしまいました。

この絵本も長く楽しめそうです。

その他の元永さんの絵本
がちゃがちゃどんどん
もけら もけら


posted by sayah at 12:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | +お気に入り絵本(0〜1歳)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。