2005年02月15日

我が家の食卓

ユズが生まれる以前から、食の安全性について少しは関心があったのですが、生まれてきたユズがこれから味覚を作り、体を作っていくのだと考えたときに、やっぱり親としてもっと関心を向けなくてはという思いが強くなりました。

その結果、大体こんなことに気をつけて食材選びをするようにしています。

・精製されていないものを食べるようにする
 (お米なら玄米、お砂糖なら上白糖を避ける、小麦粉は使える範囲で全粒粉にする)
・地場の旬の野菜を食べる(できる範囲で有機野菜を使う)
・調味料はいいものを(昔ながらの製法で造られているもの)
・加工品はできる範囲で避ける
・肉類は控えめに、食べる場合は抗生剤投与の有無、飼料に抗生物質や遺伝子組み換え食品が 使われていないか確認する。魚もできるだけ養殖ものは避ける
・国産を優先するようにする

独身の頃は節約と言えば、まずは食費から…だったのですが、こうなると段々そうも行かなくなり大変なのですが、何を優先していくか試行錯誤しながら、たまには気楽に外食なんかもしながら、丈夫な身体を作って行けたらなぁと思っています。

そんな我が家の食卓にまつわることを書いていく予定です。


《追記》
2005年7月ごろからマクロビオティック(玄米菜食)を取り入れ始めました。実践しつつ勉強中です。
この記事へのコメント
初めておじゃまします。kabuです、こんばんは。
sayahさんのお話はどれもとても興味深くて、
少しずつ読ませていただいています。
どこにコメントさせていただこうかと思ったのですが、
私も食に関して意識する部分があり、
まずはここにさせていただきました。

今売られている食材に危険がたくさん潜んでいることは、
私も何かで読んだりして知ってはいたのですが、
利便性や限られた経済状況の中で選べる食品を考えると、
もう逃れられない感じがしていました。
sayahさんの挙げられている項目は、
少し努力すれば、がんばれることですよね。

離乳食のお話など、自然育児という考え方に
とても驚きを感じながら、読ませていただいています。
確かに、イライラしながらおかゆをスプーンで口に運んでやるより、
子どもが食べたくなったときに、ご飯をよそってやれたら、
すごく自然だな〜なんて思いました。

時間に余裕ができた今、
自分の子育てや暮らしについて、少しずつ見直しながら、
sayahさんのように、ゆっくりとした生き方を
目指せたらなと思っています。

これからどうぞ、よろしくお願いします♪
Posted by kabu at 2005年04月08日 02:16
kabuさん、いらしゃいませ♪コメントありがとうございます!

確かに食に関しては私もジレンマを感じている部分もあります。kabuさんのおっしゃるようにウチも食費にかけられる限界もあるし、でも食に関して調べれば調べるほど、スーパーで買える物がなくなり、外食するにも何かいちいち気になってしまったりして…。目をつぶることにして手を抜いちゃうこともあるんですけどね(^_^;ユズが口にするものに関しては本当に気がかりです。

溢れんばかりの子育てに関する情報の中から選択していくのは親ですから、そういう意味でとても責任を感じてしまいます。どういう選択をするか…情報を集めることも大事ですけど、わが子にとって出来うる限りベストな選択をしていこうと思えば、やっぱり子どものことを深く見つめるということが肝心なのだと気づかされます。

kabuさんのブログを読むと、限られた時間の中でもそらちゃんとしっかり向き合って来られたんだなぁということが伝わってきます。

こちらこそ、これからいろいろと子育てのお話ができるのを楽しみにしています(*^-^*)

Posted by sayah at 2005年04月09日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1952745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。