2005年02月13日

布おむつ、いろいろ★

120-2055_IMG.JPG

紙おむつを使うリスクのことを記事にしましたが、そのことより何より、やっぱり赤ちゃんが一番気持ちがいいのは、自然素材の布おむつだと思うのです。まだユズは一人目だし、時間的にもゆとりがあったこともあり、あえて手間ひまかけてみることを選択しました。

布おむつに関心がないと、布オムツといえば昔ながらのさらしの輪になったタイプのものを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。かく言う私もかつてはそうでした。

でも、今は布おむつだってちゃんと進化しているのです。

昔ながらのものが
布おむつ反 無地10枚セット
このタイプです。今はオーガニックコットンのもあります。このタイプのおむつの特徴は

【長所】
・価格が安いこと
・洗いやすく、乾きやすいこと
・折りかたを赤ちゃんに合わせてアレンジできること
 工夫次第で新生児期のゆるゆるウント漏れをブロックできたりといろいろメリットはあります。こちらのサイトに詳しく出ています。(私も実際にやってみてとても役に立ちました♪)


【短所】
・吸収量が少なく、頻繁におむつ替えをしなければならない。
 ※でもこれはあかちゃんが『おしっこが出たら気持ちが悪い、オムツを替えたら気持ちがいい』という感覚を養う上で重要です。



★★オーガニックコットンPRISTINE 成型おしめ(5枚入り)布おむつ
もうひとつは布おむつをたたんだ状態ともいえる形成(成形)おむつです。こちらの特徴はこんな感じです。

【長所】
・たたむ手間が要らない

【短所】
・輪のおむつに比べて高価(枚数をたくさんそろえると大変)
・輪のおむつに比べて乾きにくくい

吸収量に関して言えば、メーカーによって大幅に違いがあり、私が使ってよかったエンゼルのものは輪のおむつの2倍程度吸収します。しかも乾燥もしやすく出来ていて(輪のおむつには劣りますが)重ねてもごわごわしにくいため、2枚重ねて使うことで外出時なども紙おむつ並みに持たせることができます。

同メーカーのソフトベビーという布製のライナーも我が家では大変重宝しました。特殊な構造のガーゼで、赤ちゃんがおしっこをしてもおしりが濡れないのでかぶれを防止し、夜間や外出時などの長時間にわたっておむつ替えができないときでも、おむつの吸収量の限界がくるまで持たせることができます(もちろんこまめに替えてあげるに越したことはないのですが)。

こちらも高価ですが、洗って繰り返し使えますし、薄くてすぐに乾くので、使ったらすぐに洗うようにすればおむつの数だけ購入する必要はなく、10枚でもなんとか間に合うと思います。このライナーを輪のおむつの上に敷いて使うのもアリです。

ライナーに関しては使い捨てのタイプは不織布でできていますので、布おむつの上にこれを敷いてしまうと結局は紙おむつを使っているのと同じリスクが出てきますので要注意!

エンゼルの取り扱い店舗一覧はこちらです。ただ店頭ではLサイズが扱っていない場合が多く、その場合はお取り寄せになります。


布おむつと紙おむつを併用される方も多いと思うのですが、ユズは夜使うだけでも(紙を)かぶれがでてきてしまったので、我が家の場合は途中から100%布になりました。

それでもエンゼルのおむつのLを2枚重ねてソフトベビーも使うことで、おしっこの多い冬場以外は夜間も朝まで持ちましたので、夜間におむつ替えのために起きなくても済むことがほとんどでとても助かりました。



次はおむつカバーに関してですが、これも素材がいろいろとあり結構重要です。ユズの場合はポリエステルのカバーを使うとカバーがあたっている部分が赤くなったりしました。前述のエンゼルのカバーはポリエステルなので、ユズに関してはNGでした。通気性のもっとも良い素材はウールで綿、ポリエステルと続きます。ソフトベビーを使って、おむつを長時間持たせる場合は特にこの通気性を重視しなければなりません。

私が使ってよかったのはシンク・ビー(旧モナーテ)というメーカーのものです。このメーカーは、会社のある奈良では比較的手に入りやすいのですが、他県の方は店頭購入はやや難しいのかもしれません。こちらも一般のカバーと比べると高価ですが、薄くやわらかい生地なのでおむつかぶれを起こしやすい子には最適だと思います。通気性が抜群にいいため、おむつが濡れると、カバーの上からでも水分を外にはき出しているのが分かります。ただ、防水が結構切れやすいという難点があり(自然素材の場合は他メーカーも同じです。)お洗濯は慎重に…、洗濯機でガラガラ洗ってしまうのは避けたほうが無難です。

デザインにこだわって、布おむつライフを楽しもうという方はこんな可愛いものがあります!こちらのカバーは外国製で一風変わっていて、フリース素材のカバーのポケット部分に専用の布おむつを入れてつかうというものです。フリースだと通気性の面ではやや劣るかも知れませんが、見た目で楽しむことも大切かなという気がします(私は使ったことがないので使用感などははっきりは分からないのですが)。

おむつの必要枚数は輪のおむつなら20枚前後、形成おむつなら10枚程度というところでしょうか。(やや少なめかもしれませんが、最初は少なめに買って様子を見るほうがいいと思います。)カバーは洗い替えを考えて最低3枚程度は必要です。

それと、お尻ふきに関して、これも市販のタイプは不織布に薬品が染み込ませてあるものなので、かぶれの原因になる場合があります。使わなくなった布を小さく切ったもの、もしくはカット綿を用意して使い捨てにするのがベストです。

ユズのときはいろいろなオムツに凝る余裕もなく、とにかく機能性でオムツはエンゼル、カバーはシンク・ビーに絞って使い倒しましたが、次の子のときは他社のものも使ってみたいなぁと思っています。



それぞれの方の状況や体力に合わせて、無理のない範囲で布おむつを使われてみてはどうでしょう?使ってみないと分からない幸せな気分が味わえること請け合いです♪


次はお洗濯のことに関して記事にしたいと思っています。






posted by sayah at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | +布おむつライフ+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。こちらのサイト、素晴らしいですね!私が知りたいことが山ほど載っている!!
私のブログにリンクを貼らせて頂いても良いでしょうか?
あとひとつお伺いしたいのですが、今エンゼルのソフトベビーやラッキーオムツを手に入れたいと思っているのですが、高くて手が出ないんです。。。もし中古品でも安く譲っていただければ嬉しいな、と思ったのですが、ありませんか???
Posted by saorikecha at 2005年05月09日 01:47
saorikechaさん、初めまして!リンクのお申し出ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。

もう出産間近ですね!確かにエンゼル高いですよね。最初は買うの、勇気要ります。ウチの使い古しオムツをお譲りしたい気持ちは山々なんですが、もう一人欲しいという気持ちもあり、一応まだ手元に置いておこうと思ってるんです。ごめんなさいね。

オークションでも結構出てますが、合成洗剤や漂白剤を使われているかも知れないし、ちょっと不安は伴いますね…。確認してみたらいいかもしれないですが。

私もまたお邪魔させていただきますね。安産をお祈りしております。
Posted by sayah at 2005年05月09日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。