2005年02月05日

母乳育児の心強〜い味方たち♪

妊娠中は食事内容などにもそれなりに気を使っていたため、自分は母乳がきっとうまくでるはず!という根拠のない自信を持っていた私は、出産前にあまり母乳のことに関して勉強していなかったので、いざユズが生まれてあんまり母乳が出てないようだとわかったとき、まず頭に浮かんだのが桶谷式のことでした。近所に桶谷の母乳マッサージをされているところがあったので偶然知っていたのです。

桶谷式というのは、桶谷そとみさんという助産婦さんが戦時中の粉ミルクが不足していた時代に彼女の編み出した乳房マッサージでたくさんの赤ちゃんを救ったところから始まったものらしく、全国各地に桶谷式母乳育児相談室というものがあり、そこでマッサージや相談をうけることができます。ただ、マッサージは1回4000円〜5000円(定額なのですがはっきりした金額を忘れてしまいました)と高額なので、とりあえず1ヶ月頑張ってだめだったらここでマッサージを受けようと考えていました。結果的にはここには通う必要はなくなったのですが…。


今回は私が母乳育児を進める過程でとても助けられたものたちの紹介です。


桶谷式 母乳で育てる本
桶谷式乳房管理法研鑚会



この本には母乳育児に関する基本〜応用まで網羅されていて、トラブル対処法などもあり、身近に母乳育児のことで相談する人がいなかった私にはとても参考になりました。また最後に母乳育児相談所のリストもついています。ただ桶谷式は1歳を過ぎて一人歩きできるようになると断乳を勧めるようです。(断乳の方法についても詳しく記載されています。)個人的には断乳ではなく卒乳派なので、こちらの項は私自身はそんな方法もあるんだ〜という位に留めています。


それから、生後1ヶ月まではできる限りミルクを足さずに、ひたすらおっぱいを飲ませるという方法で乗り切ってきたのですが、まだ十分な量が出てないみたいだと不安に思っていたときに出合ったのが母乳分泌をよくするというハーブティーでした。

ハーブティーは高価なイメージがあり、それまであまり飲んだことがなかったので「本当に効くのかなぁ」と半信半疑でしたが、ミルク代と思うことにして試しに飲んでみることにしたのですが、これが予想外に効きました。飲んだその日の午後からじわっと漏れてくるようになったんです!

でも、母乳の出というのは、精神的なものも結構大きいらしく、周りの人から「あんまり出てないんじゃないか」とか言われると余計に出なくなったりすることがあるそうで、私の場合はこのハーブティを飲めばきっと母乳がでるぞ!という良い意味で暗示にかかっていたということもあるかもしれません。

このネトルというハーブは鉄分・ミネラル補給にひと役買ってくれるため、おっぱいの質もよくなるということで、私は貧血気味なのでユズが1歳になるころまでリピートして飲んでいました。


それから、セイヨウニンジンボクというハーブも母乳分泌に効果があると「伊東家」の裏ワザとして紹介されたことがあるそうです。お味は苦味が結構きついようですが…。


最後に私が本当に精神的に助けられたのがこちらの掲示板のトピです。

母乳育児友の会

ここはたくさんの人が参加されているので、母乳育児に関する大概のQ&Aは見つかると思います。ただ、投稿が多すぎて目的の内容を見つけ出すのが大変かもしれませんが...仮に重複する内容であっても、ベテラン母乳育児経験者の方々が親身に回答してくださったり、過去ログがどこにあるのか教えてくださったりします。ここにあるリンク集も大変参考になります。







posted by sayah at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | +母乳育児奮闘記+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。