2006年04月08日

赤ちゃん返り

上の子の『赤ちゃん返り』って、赤ちゃんが産まれてからのことしか心の準備がなかったのですが、実はそうじゃないんですね…。

色々な子がいるだろうけど、どうやら私より先に妊娠に気づいていたらしいことから始まり、ユズの場合は今から立派に赤ちゃん返りです。

寝るときだけだったおっぱいを飲む回数も少し増えたし、抱っこをせがまずに随分歩くようになっていたのに、また抱っこ、抱っこの毎日(それでも私には気を遣っているのか抱っこをせがむのは主に夫)。私が家事をしているときはご機嫌に一人遊びするようになっていたのに、妊娠してからというもの片時も離れず自分の傍にいて欲しい様子。「読んで」ともってくる絵本まで1歳くらいの小さいときに読んでいたものばかり…。産まれる前からこんな風に変わるなんて正直言って、ちょっと想像していませんでした。

でも、人一倍甘えんぼうのユズにとって、『お母さんを独り占めできなくなる』ということが、きっと深刻な問題で初めて迎えるとっても大きな試練なのでしょう。それを赤ちゃんが生まれてくる前から悟っているなんてすごい!と妙に感心しています。

そんな反面、知り合いの赤ちゃんを見るととても愛おしそうに接してみたり、「早く赤ちゃん生まれてきて欲しい」と言ったり、赤ちゃんのときに使っていたおもちゃを「貸してあげるのー」と用意していたりユズの気持ちは複雑に揺れている様子。

ただひとつの気がかりはやっぱりおっぱいのこと。
妊娠してから、以前にも増してユズにおっぱいをあげるのは気持ちの上でも違和感を感じるようになってしまったし、痛みを感じることもあって私自身はだんだん苦痛になってきてしまったのです。でも、そんな複雑な心境のユズを支えているかも知れないおっぱいを今とりあげることはやっぱりできない…。ただ、後半になってお腹が頻繁に張ったりして、おっぱいを止めなくてはいけなくなるとすれば、そのときになって急に止められるんだろうかという不安もあるし。仮にこのまま続けられたとして、赤ちゃんと一緒に仲良くおっぱいを分け合うことができるのかなぁという心配もあります。こんなことなら、もっと早めに断乳を考えたほうがよかったのかなぁ…。
この記事へのコメント
赤ちゃん返り・・・悩ましい問題ですね。
うちの場合、メイは断乳済みだったので、授乳の問題はなかったのですが、精神的にはユズちゃんのように揺れていましたよ。
でも、大人と違ったことは10ヶ月という期間で、メイが認識したことは、ジンが生まれてみて、全然違ったらしいということと、ジンが成長するにしたがって、おもちゃに手を出されたり、おやつを取られたり、叩かれたりという、メイの予想外の事が起きるので、未だにメイは甘えん坊な感じです。
赤ちゃん返りほどではなくなってきましたけど・・・

ユズちゃんにとっても試練の数年ですね。
Posted by 荷葉 at 2006年04月08日 23:09
はじめまして。いつも寄らせていただいていたのですが、コメントさせていただくのは初めてです。あたたかくやさしい文章にいつも癒されています。ありがとうございます。

我が家にも4歳になる息子がいます。息子も2歳の誕生日までおっぱい以外口にしない、おっぱい大好きっ子だったんです。なんだか一番好きなものを取り上げてしまうのがかわいそうで、断乳も随分悩みました。

なんだかお話を聞いていたら、悩んでいたあの頃を思い出してしまって…。おっぱいをあげるって幸せなことだけれど、悩みも多いですよね。なんにもアドバイスを差し上げることもできないのですが、お母さんにとってもユズちゃんにとっても、試練の時ですね。どうぞがんばってください!!

また遊びによらせていただきます。
Posted by やまとなでしこ at 2006年04月09日 22:59
こんにちは。
赤ちゃん返り、我が家も経験しました(今も?)。
1歳3ヶ月で長男は断乳をし、すっかり見向きもしなかったおっぱいにまた手が伸び始めたのは、次男がお腹に宿った時からでした。
妊娠中はホルモンの関係なのでしょうか、お腹の子どもを守ろうとするのか、おっぱいを触られたりすることに嫌悪感を持ったことをとても良く覚えています。
今は、3歳4ヶ月、11ヶ月の二人ですが、時々二人同時に仲良くおっぱいを飲んでいます。
大丈夫、どのようになるかはわかりませんが、きっといつか心地よいバランスができてくると思います。だんなさまにも協力してもらって、sayahさんのバランス見つけて下さいね!
Posted by らくだまま at 2006年04月12日 14:40
久しぶりにブログを覗いてみたら、御懐妊とのことでおめでとうございます(#^.^#)

私も妊娠が分かった直後チビタの断乳でかなり悩みました・・・。
でも意外とあっさりと断乳出来たんですよ。
(12月だから4ヶ月くらいの時かな?)
少しずつ「おっぱいそろそろバイバイかな〜?」とか「おっぱい、ないない〜♪」とか洋服で隠したりしながら遊びつつ、言い聞かせてたからかな?

急に止めるのは精神的ショックが大きいかもしれませんね〜。



Posted by ぢび at 2006年04月14日 01:02
おっぱいのこと、ズキッとしました。
ウチも2歳4ヶ月になった娘は まだ寝る前、夜中に飲んでいます。
2人目を考えている最中なので まさに私が辿るであろう道であり、 読ませてもらいながら うーん・・・と固まってしまいました。
sayahさん、頑張って下さい!!
早くよい方法が見つかりますように・・・
Posted by mayo at 2006年04月15日 20:45
こんにちは、はじめまして。いつもsayahさんにはたくさんのことを教えていただいてます。ありがとうございます。

実は、私も今sayahさんと同じ状況にあります。
娘は1歳8ヶ月、お乳以外はほとんど口にせず、外でも家でも抱っこをせがんでばかりいます。
そんな中、先日妊娠反応が陽性に出ました。

流産や切迫早産を経験してるので、授乳を続けていくことにとても不安を感じています。

でも、このままお乳をやめずにいけるところまでいこう、と少しずつ決心がついてきました。
娘の気持ちを満たさずにはいられないことと、その先なにかが起こったとしてもそれは運命だと、そんな覚悟ができてきたからです。
幸い主人も同じことを考えていてくれたようです。

sayahさんの気持ちが早く楽になりますように..。
応援しています。
Posted by てんとうむし at 2006年04月16日 07:12
>荷葉さん

そうですね〜、今の反応と産まれてからとではまた違ったものがあるのかも知れないですね。私にとっても試練なのかも知れませんが、人見知りが強く、今まで大人との関係ばかりで『自分の思い通りにならないこと』が少なかったユズにとって、今度は子ども同士の関係を通して鍛えられ、成長してくれることを実は期待しています。
Posted by sayah at 2006年04月17日 23:57
>やまとなでしこさん

初めまして!いつも見てくださっていたんですね、ありがとうございます。

励ましのお言葉を頂いて嬉しいです。私もやっぱり2歳のお誕生日くらいが今思うと境界線でした…。それまでは断乳しようと思ったことはなかったのですが、2歳を過ぎた頃から何でもおっぱいに頼って解決する娘の姿に違和感を感じるようになってしまって。でも、あまりにおっぱい大好きな娘を説得することはできずに、かといってきっぱりとした態度をとることもできなかったためにここまで来てしまったんですよね。

でも、これも私の責任と思っていけるところまでは頑張ろうと思います!

それにしても、やまとなでしこさんのブログ、とっても美味しそう〜ですね♪
Posted by sayah at 2006年04月18日 00:03
>らくだままさん

ブログ、始められていたんですね!今頃気づきました(汗)。

らくだままさんのところのお子さんが「止めたはずのおっぱいを触り始めて妊娠に気づいた」というお話、とても記憶に残っていました。子どもってそういう敏感なところがあるものなんですよね。ユズも赤ちゃんと仲良くおっぱい飲んでくれるかなぁ…。そう、違和感というより確かに嫌悪感すら感じることもあるのですよね。それもひとつの本能なのかも知れないですね。そんな気持ちでユズに嫌々おっぱいをあげるのもとても申し訳ない気がしますが、でも、ここまで来てしまったからにはやっぱりユズの気の済むまで飲ませてあげたいなぁと思います。

また、おっぱいタイムを幸せに感じられるときが来ますように…。

私もこれからブログ、覗かせてもらいますね!
Posted by sayah at 2006年04月18日 00:09
>ぢびさん

ありがとうございます♪ぢびさんはもうすぐご出産ですね!またブログも再開されたんですね。いつもの軽妙な文章にまたパソコンの前でくすっと笑ってしまいましたよー。

ぢびさんも妊娠がきっかけで断乳されたのですか。でも、そんなあっさりうまくいくこともあるのですね。うちはこれまでも何度か「そろそろ止めようか…」という話はしてきたのですよ。でも、そのたびにユズは大パニックなので、これは無理だわ…と親のほうが諦めてしまって、ずるずる来てしまったんです。

もうこうなったらタンデム覚悟で行きます!みなさんに励まされているうちになんとかなる気がしてきました(笑)。
Posted by sayah at 2006年04月18日 00:14
>mayoさん

mayoさんのところも寝る前と夜中のおっぱいなんですね。うちもやっぱり寝しなの習慣のような感じで続いているんです。あと寝起きも離れないことが多いかな…。

でも、この年齢になるとその子の執着にもよるかも知れないけれど、却って断乳は大変になってくる気がしますよね。私も2人目が欲しいと思い始めた頃からユズの断乳も考えていたけれど、やっぱり出来ませんでした。卒乳が母にとって、こんな試練になるだなんて思っていませんでしたよ〜。

でも、おっぱいあげていても妊娠したということはこのままあげていても大丈夫!ということなのかな、と自分を勇気づけています。

Posted by sayah at 2006年04月18日 00:23
>てんとうむしさん

初めまして、コメントありがとうございます!「教える」だなんて、そんなとんでもないです…(恐縮)。

ご懐妊おめでとうございます♪とっても嬉しいことですね!

娘さんもやっぱりユズとタイプが似ているのかなぁ…。おっぱいも抱っこも大好きで。でも、「娘さんの気持ちを満たさずにはいられない」という気持ち、素敵ですね。最近の私はそこまで思ってあげる余裕をなくしていた気がします。

てんとうむしさんの、前のお辛い経験を乗り越えての強い勇気と覚悟になんだかとても励まされました。私も行ける所までは頑張るつもりです。一緒に頑張りましょうね〜!
Posted by sayah at 2006年04月18日 00:32
こんにちは、はじめまして。
いつも会社のパソコンで、仕事の合間にこっそり
見させていただいています(^^;

私には5才2ヶ月の男の子と、2才6ヶ月の女の子がいます。2人ともおっぱいは大好きで、上のお兄ちゃんはなんと4才11ヶ月(5才目前!!)まで、2人仲良く飲んでいました。

2人目の妊娠中も心配でしたが、特に体調に変化もなかったのでそのままおっぱいもあげていました。

上の子も数ヶ月前まで飲んでいたなんて、今では懐かしい思いです。やめられたキッカケは、お正月に従兄弟たちと過ごしていて、毎回みんなに「まさかまだおっぱい飲んでないよね〜?笑」と冗談まじりに言われていて、本人も恥ずかしいらしく(4才にもなると意識するんですね)夜にこっそり飲むというカンジだったのですが、「もうすぐ年長さんになるしやめようか」と言っていて、お正月にめでたく卒業したのでした。
でも初日はさすがに大泣きして大変で「やっぱりダメかな」とも思ったのですが、次の日は以外とあっさり、大丈夫でした。

最近まわりの人に「ずいぶんお兄ちゃんになったね」って言われます。
妹思いにもなり(もちろんケンカもよくしますが)
だいぶ子育てもラクになったような気がします。
母乳マッサージの先生にも聞きましたが、無理矢理止めさせるより、やはり卒乳の方が子供も落ち着きラクになるそうです。

下の子はまだまだおっぱいライフが続きそうですが、
気が済むまで飲ませてあげようと思います。
(私としては、卒業してくれた方がラクですが..^^;
 まだまだ寝不足は続きそうです)

長くなってしまい、すみません。。
これからも陰ながら応援しています。
お体には気をつけてくださいね。
Posted by くまごろう at 2006年04月18日 11:39
>くまごろうさん

初めまして、励ましのコメントありがとうございます〜。タンデム授乳をされた方のお話を聞くと勇気づけられます。

私も子どもの気持ちが満たされるまでおっぱいを飲ませてあげようという考えでいたのですが、違和感や嫌悪感を感じながらの授乳では元も子もないのかなぁ…なんてここ何ヶ月もの間悩みながらの授乳でした。おっぱい以外でも、娘はおっぱいを飲むときに私が着ていないとダメなTシャツ、というのがあって(ヘンなクセですよね)、それも最初は「これにして」というのが2,3枚あったんですが、最近は1枚だけがお気に入りで洗濯するのもままならない状態だったため、穴が開いたりしてボロボロだったので、それに似たデザインを手作りしてやっとそのTシャツとお別れすることができました。それでも、その日は一日そのTシャツを着てくれと泣かれたんですよ(^^;未だに「あのTシャツ帰ってきてくれないかなぁ」なんて言っています。そんな状態なので、もうおっぱいはいけるところまでとことん頑張ろうと決心いたしました。妊娠してまた乳腺が活発に働いているのか、最近は朝方になると少しおっぱいが張っているような感じになっています。だから飲んでもらえるとすっきりするんですよね。

娘が赤ちゃんとおっぱいを取り合ったりするようなことがないかだけが心配ですが、卒乳して一皮剥けた娘に会える日を心待ちにしていようと思います。

お互い、頑張りましょうね!
Posted by sayah at 2006年04月20日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。