2006年03月30日

望診を受けてきました

妊娠が分かってからのあまりの急激な嗜好の変化に戸惑ったことと、今後の妊娠期間中の食べ方についてアドバイスをもらいたかったこともあって、かねてから受けてみたかった望診を受けてきました。

『望診』というのは、東洋医学の診断方法らしく、顔や身体の表面に出ている特徴から身体の内側の状態が分かるのだそうで、私はマクロビオティックの専門家の方のところに伺ったので、自分に合った具体的なマクロの食事内容をアドバイスしてもらってきたのです。

そこで診てもらった結果によると、私の場合は『陽性過多』。(→食べ物の陰陽についてはコチラが分かりやすいです。)
季節が冬だったこともあったし、今まで自分が陰性傾向だと思って、穀物菜食の範囲内でもどちらかというと陽性なものを意識して摂っていて、それが摂り過ぎになっていたようです。もちろん、マクロを始める前の食事内容にも関係しているかも知れないのですが。

玄米が美味しく感じられなかったのも、つわりが出るのも陽性に傾いていることが原因のようです。

これからの食事内容としてはできるだけ陰性のものをとるよう意識するということ。また妊娠中の食事のとり方としても初期は陰性(春〜夏の食事)、後期になるにしたがって陽性(秋〜冬の食事)になるようにもって行くとよいとのことで私の場合は妊娠期間が季節ともちょうど合っているので、これから献立なども立てやすいかなぁと思っています。

ただ、陽性に傾き過ぎている今、徹底的に陽性なものを控えたほうがよいということで塩分も極力減らして、味噌汁もほとんどいらない(澄ましでよい)と言われ、味噌汁好きな私にはちょっと辛いです。それから切干大根やドライフルーツのような乾物類もダメ、漬物類も要らないし、コーヒー代わりに飲んでいた穀物コーヒーも身体を温めるほうに働くので飲まないほうがいいのだそうです。それから、妊娠中の人は特にパンはできる限り食べないほうがよいとのこと。パンを食べることによってバランス崩すことも多いそうで。私はまだまだ初心者なので、ただでも、制約が多いように感じるマクロのお食事の中でこれらを忠実に守っていくのは結構至難の業のような気がしてしまうのですが…。

でも、思い返せばつわりの時期に食べたかったのは陰性のきついものが多かったし、やたらたくさん食べたかったし、やっぱり言われていること(陽性過多)は確かなのだろうなぁと思いました。

それと、今回お聞きしておこうと思っていたのは貧血対策。ユズのときは後期で値がギリギリだったので、今回も気をつけておかなくてはならないと思っていて、手持ちの本によると貧血には『鉄火みそ』がよいとあったのですが、これも陽性の私には必要なくて、むしろ自分の体質に合った食事をきちんと摂ることで各臓器がきちんと働くので貧血になることはないのだそうです。

食事のこと以外でひとつ面白かったのは、母乳にも陰陽があるということ。人の左半身は陰、右半身は陽なので、赤ちゃんにおっぱいを飲ませるときには朝、昼の活動的になるときには右のおっぱい、昼寝や夜寝る前には左のおっぱいを多く飲ませてあげるといいのだとか。

出産後の食事については、赤ちゃんのおっぱいのことを考えてできるだけ陽性に傾かないように(子どもは陽性であるため)中庸の食事を心がけるのがいいそうです。


これから、また少しずつ崩れてしまったバランスを取り戻さなくては…。
マクロを始めて1年も経っていないのに身体の中は随分変わってきているようで、極陰、極陽のものを食べると私の場合、即、手に排出が出るのです。それがとても痒かったりひび割れたりで辛くて、食べ物が身体に与える影響というものを実感させられています。自分のためだけではなく、まだおっぱいを飲んでいるユズのためにもお腹の赤ちゃんのためにも、これからますます食事内容に気を遣って行きたいなぁと思っています。

余談ですが、このとき診てくださった方から、「食事を陽性にしていたから、赤ちゃんはきっと男の子ですよ。」と言われたのです。さてさて結果はどうなることでしょう!?

Organic Base マクロビオティックと暮らすOrganic Base マクロビオティックと暮らす
奥津 典子

★初心に返って、もう一度読んでいます。『できることから少しずつ、「今までよりマシ」を積み重ねていきましょう。』というメッセージに励まされます。

この記事へのコメント
こんにちは。
私もマクロには興味があり、勉強を始めたばかりです。
なので、今回のブログ、興味深く読ませて頂きました。
で、二つ疑問が・・・?
例えば陽性過多だとつわりが出ると言われたそうなのですが、私は思い切り陰性過多の状態だったにも関わらず、玄米も駄目でつわりもひどかったのです。
それと、夏なのにもし陰性過多だった場合、旬に逆らってハウス栽培の陽性食品を摂らなきゃいけないのでしょうか?

なーんて、ちょっとひねくれていつも考えてしまうのです。

シュタイナーのも興味があるのですが、ここでも疑問が・・・。
日本的な育児では、子供に靴下は不要(寒くて足が冷たいときは履かせますが・・・)
シュタイナー的には靴下は常に履かせて、体を暖かくしてあげないといけないそうです。
私的には、体を温めて常に心地よい状態に、し過ぎているから、大きくなって体温調節が出来ない体になってしまうのではないか?
と思うのです。

何だか、長々と書いてしまいすいません。

マクロやシュタイナー、絶対に良いと解っているものの、時々
「えーこれは違ってるんじゃないの?」
と感じることが時々あります。

そういう時、皆さんはどうされてるんでしょう?

本当に、取り留めない内容ですいません。
どうにも気になって書いてしまいました(^^ゞ



Posted by ひだまり at 2006年03月30日 10:52
『望診』初めて聞きました。

私も最近やっとマクロビオティックの本を参考にしながら食事を作るようになりましたが、陰陽がなかなか理解できません。というより陰陽っていったい何なの!?というまだそんな段階です。

私が生まれ育った土地はお砂糖もおしょうゆもドボドボ入れて甘辛い食事が多く、砂糖抜きのおかずなんて食べれるの??となかなか踏み出せずにいたのですが、実際作って食べてみるとおいしいんですよね!(昨日初めてマクロビオティックのレシピ本に載ってた煮物を何も言わずに食卓へ並べてみたのですが、主人は「何かが足りない」と言ってました)
sayahさんは食事どのようにされてますか?ご主人のお食事もマクロですか?今のところうちでは味付け時に主人のものと別にしたり、主人にはお肉やお魚を追加したりなどしていますが、そんな感じですか?
Posted by ゆん at 2006年03月30日 14:43
こんばんは〜。マクロ、最近とても興味があります。でも、うちのオットには受け入れてもらえなそう(笑)
貧血の話も目からウロコです。私もムスメを妊娠中&産後はひどい貧血に悩まされました。食生活がまずかったのかなぁ〜。ちょっとづつ勉強してみようと思います。↑の本がお薦めですか?

以前お話した、羊毛での小物作り、完成しました。お時間があるときにちょっと見てください。
といっても、すご〜くへたくそなのです。本当は報告に来るかどうかもためらっていたのですが、こんなこともできるよ〜って感じです。

季節の変わり目ですのでお身体を大切に☆
Posted by トモ at 2006年03月30日 21:50
お久しぶりです。
妊娠おめでとうございます☆
二人目は男の子?なんですね。
わたしは漢方でみていただいたときに「大陰」といわれました。
アユルヴェーダでももちろんカパ。鈍重なタイプです。
つわりはほぼ無かったんですが関係あったんでしょうか?
おっぱいにも陰陽があったんですね。
初めて聞いたから「ほえ〜」って感心しちゃいました。
お体気をつけてくださいね。
では また〜
Posted by さちゃらん at 2006年04月01日 16:30
>ひだまりさん

こんにちは〜。
マクロ、私のまだまだ浅い知識の中でも理解している範囲で思ったことは、一般的な食事方法をしていると大抵の人は極陰、極陽、両方を持っているようなのですよ。だから、ひだまりさんが妊娠された時にまだマクロのお食事を始めていた訳ではなければ、表面的には極陰の症状が出ていたとしても、同時に極陽も潜んでいてつわりが酷かったり、玄米が食べたくなかったりということがあったのかも知れませんよ。それから、あくまで自然の流れに沿った食べ物を頂くのが、マクロの基本的な考え方ですから、野菜の旬をずらしてまで陰、陽のバランスを取るということはしないと思います。陰、陽の整え方は食材そのものだけでなく、調理方法や調理時間でも変わってくるし、野菜以外の食材も含めてトータルで考えるのですよ。…と偉そうなことを言ってみても、私自身、出来た献立が果たしてきちんとバランスが取れているのかと言えばかなり疑問ですが、でも、意識の上で、たとえば今の時期なら長時間煮込むような料理を減らして蒸し料理を増やしたり、一言で言うならあっさり軽やかな感じのメニューを目指すようにしています。

それから、冬場に保温するか、しないか、というお話、私も小児科医の真弓先生などのご意見を読んでずっと子どもは薄着にさせていたのですが、お世話になっているシュタイナーの先生から「幼児は部屋の中でも外でもできるだけ暖めてあげるのがよい、薄着がよいというのは迷信。」というお話を伺って色々な考えがあるのだなぁと思いました。シュタイナー的には、薄着にして必要以上に寒いという意識が働くことで子どもを覚醒させるからなのだそうです。特に頭から熱が逃げるので帽子をかぶせてあげるといいそう。でも、そういわれたところで生まれてからずっと薄着だった娘は真冬でも、家の中では下はパンツ一丁で靴下などもちろん履かないし、外でもよほど寒くない限りコートは着ないのですよ。でも、世の中には様々な考え方がありますし、「これだけが唯一絶対の真理だ」と思って実行すると私は息苦しくなってしまうので、臨機応変にやっています(単にいい加減な性格なのでそういうことが平気というのもありますけど…)。
Posted by sayah at 2006年04月02日 14:59
>ゆんさん

ゆんさんもマクロ、始められたんですね〜。
私も家の味つけが濃かったので、最初は結構お醤油をついついたくさん入れてしまったりしていましたが、だんだん薄い味付けで素材の美味しさを味わえるようになってきました。

我が家も夫はマクロ完全否定派です(笑)。ご主人の理解が初めから得られるご家庭はなかなかないように思います。いつも、主菜にお肉やお魚を足していますが、おかずは大体同じものを出すことが多いかな?でも気に入らないと残されちゃう…。で、また晩酌のおつまみだけ作り直しです。それから味付けもやっぱり物足りないと言われますね。でも、そんな夫でも最近は半分仕方がなく食べていた玄米も嫌ではなくなった(でも、たまに白米を食べるとやっぱりそっちのほうが美味しいみたい)と言ってくれるようになって、ものすごくゆっくりだけど、身体は変わり始めているのかもしれません。

だから、ゆんさんも大変だと思うけど、息抜きしながら続けていれば何かしら変化は感じられるのではないでしょうか?私も脱線してばかりですが、やっぱり脱線した後はマクロのお食事が本当に美味しく感じられて細々と続けられています。
Posted by sayah at 2006年04月02日 15:09
>トモさん

羊毛の作品、とっても素敵だったのでびっくりしました!お部屋にあんな素敵な作品があったらそれだけで和みますね〜♪おもちゃ箱のカタログにも載っているのを見て、どうやって作るのかなぁと思っていたのです。私もいつかチャレンジしてみたいな。

貧血の話、ホント、私も目からうろこでした。身体の不調をよくするためについ栄養成分だけ見てある食材ばかりを摂ることを頑張ってしまいがちですが、でも、臓器がきちんと働いてくれなければそれもきちんと吸収されないわけで、本末転倒ですよねー。木を見るのではなくて森を見ることが肝心なんだなぁって気づかされました。

マクロの本は、↑の本はお勧めですよ〜。私も友人から教えてもらったのですが、初心者にもとても分かりやすくて、レシピ本では分かりにくいマクロの考え方というものもすごく理解しやすく説明されているし、まずは何から始めていけばいいのかということが手順を追って丁寧に書かれています。奥津さんが同世代なのも親近感が沸きます。ただ、料理のヒントは載っているものの、具体的なレシピは載っていません。この本は当初、初版が売り切れた後、再版されなかったので一時はオークションやアマゾンですごい高額で売られていましたが、去年の秋頃やっと再版されたんですよ。よかったら、一度見てみてください♪。

Posted by sayah at 2006年04月02日 15:25
>さちゃらんさん

さちゃらんさん!!お元気でしたか〜?またブログ再開されるのですね、嬉しいな♪

さちゃらんさんも色々変化があったようですが、私も待望の赤ちゃんを授かりました。この2ヶ月ほどは食べ物のことで悩んだり辛かったですが、やっと元の生活リズムを取り戻しつつあります。

漢方やアーユルヴェーダ、色々勉強されているのですね!私はそちらはまだ未知の世界です…。つわりの原因はいろいろな説がありますよね〜。でも、やっぱり軽いに越したことはないですよね。

これから、また楽しみにブログ読ませていただきますねー。
Posted by sayah at 2006年04月02日 15:37
望診ってなになに?このへんで受けられるところは?とネットで検索したらやはり奥津さんのお名前が。4月に「陰陽」の講座があるようなのでさっそく申し込みしました。本をたくさん読むより、シュタイナー教育についてもそうですが、きちんと話を聞くとすーっと体に入ってくる気がします。
Posted by tent04 at 2006年04月02日 21:35
sayahさん、望診を受けられたのですね!私もマクロビオティックを始めてから、自分がどういう体質なのかわからなくて、一度受けてみたいと思っていたのです。だから今回の記事、とっても勉強になりました。ありがとうございます!
Posted by misato at 2006年04月03日 23:26
>tent04さん

奥津さんの講座に参加されるんですね!いいなぁ〜、いいなぁ〜。『Organic Base』の単発のイベントやお料理教室に私もいつの日か参加してみたいです。参加されたご感想、ぜひぜひブログにて報告してくださいませ♪
Posted by sayah at 2006年04月08日 13:54
>misatoさん

そうなのです!望診、高いのでなかなか勇気が出せなかったのですが、やっぱり見てもらってよかったと思います。陰陽の判断は、本を見るだけではかなり難しいと思いました。

とは言え、これから自分の体質の変化や季節の変化に合わせて食事を適切に変えていくということは一朝一夕にできることではなさそう…。

とりあえず、妊娠期間の一番大きな目標は『小食でよく動くこと』です(苦笑)。
Posted by sayah at 2006年04月08日 14:03
お久しぶりです!!そしておめでとうございます〜!!
ずっとご無沙汰してたので、妊娠された事、知りませんでした!お祝いの言葉が遅れてすみません!!5ヶ月ですか〜!安定期入りましたね♪
マタニティーライフ楽しんでくださいね♪
マクロの望診受けられたのですね〜!
どの先生にみてもらったのですか〜?
私は今、インストラクターになる為のお勉強をしてます〜!
マクロは奥が深いです。
それをお勉強できる事、実践できる事はとっても幸せな事ですよね。
オーガニックベース、スイーツに以前参加してましたが、とっても良かったですよ!
色々なところでマクロを学べる時代になりましたね〜!もっともっと広まりますように!!
ではまた来ます★
Posted by みちょっこ at 2006年05月25日 00:27
>みちょっこさん

ありがとうございまーす♪
みちょっこさんもお忙しそうですものね。先日、東京に行く機会があって、あちこち回りたいところだけはたくさんあったのですが、結局用事が済んだらどっと疲れてしまってどこにもいけませんでした(涙)。私ももう歳ですわ〜。

望診は大阪の中先生です。みちょっこさんはインスタラクターを目指されるんですね。すごいなぁ!私も一度お料理教室に足を運んでみたいのだけれど、妊娠してからというものなんだかあれこれ食べたい欲求が前より出てきてしまって、誘惑に負けてばかり…。だめですねぇ。そういうときこそどうしてバランスを崩しているのかが分かるといいのかなぁと思ったりしています。

またいろいろ教えてくださいね!
Posted by sayah at 2006年05月30日 22:16
自然と水のつながりがなければ人は、どうなるかを教えてください。
よろしくおねがいします

Posted by ピ at 2006年07月04日 09:20
自然と水のつながりがなければ人は、どうなるかを教えてください。
よろしくおねがいします

Posted by at 2006年07月04日 09:20
はなしは、かわりますが、自然と水のつながりがなけれが人間は、どうなってしまうか
を教えてくださいよろしくおねがいします
Posted by ピ at 2006年07月04日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。