2006年01月03日

幼稚園を義務教育化!?

1月1日付読売新聞のニュースの記事です。

幼稚園から義務教育、延長幅1〜2年…政府・与党方針
 
政府・与党は、小中学校の9年間と定められている義務教育に幼稚園などの幼児教育を加え、期間を10〜11年間程度に延長する方針を固めた。

 幼稚園―小学校の区分による環境の変化が学力のばらつきを招いているため、幼稚園を義務教育に含め、一貫した学習体系を構築するのが狙いだ。

 幼児教育を無償にすることで、少子化対策を強化する面もある。1月に召集される通常国会に提出する予定の教育基本法改正案で義務教育の9年間規定を削除し、2009年度以降の義務教育延長の実現を目指す。

 義務教育をめぐっては、近年、小学校低学年で、集団生活になじめない児童が騒いで授業が混乱する「小1問題」が起きている。幼稚園―小学校―中学校と進学するにつれ、指導の内容、難易度などが大きく変わり、成績格差が拡大する問題も指摘されている。

 このため、政府・与党は幼稚園などの幼児教育を含めた義務教育制度の見直し論議に入っている。

 自民党は、05年9月の衆院選の政権公約(マニフェスト)に、「幼児教育の無償化」を盛り込んだ。1月にも、政調会の下に「幼児教育小委員会」を設置し、無償化の具体策として、義務教育延長を議論する。そのうえで、延長に向けた第1段階として、教育基本法4条で定められている義務教育の9年間という期間を削除する考えだ。

 与党教育基本法検討会の議論の中で、公明党もこうした考え方を大筋で了承している。

 自民党文教制度調査会幹部は、昨今の児童・生徒の学力低下を背景に、「諸外国も義務教育期間を延ばす方向だ。日本も真剣に検討すべき時期にある」と主張している。諸外国では、例えば、英国は5歳から11年間を義務教育とし、2000年から5歳未満を対象に無償の保育学校を拡充。フランスも1989年から公立幼稚園を無償にしている。

 政府・与党は、今後、幼児教育をどういう形で義務教育に取り込むのか、調整を図ることにしている。

 中央教育審議会(文部科学相の諮問機関、鳥居泰彦会長)では、05年1月にまとめた幼児教育に関する答申で、「幼小一貫教育の検討」を掲げた。政府・与党内には、このほか、〈1〉幼稚園の1〜2年保育を義務教育とする〈2〉義務教育の枠内で、「幼小一貫校」を創設し、普通の幼稚園か一貫校かを選べるようにする――などの案が浮上している。



幼稚園まで『義務』になるだなんて…。なんだか子どもにとって息苦しい世の中になってしまうような気がする。今は習い事がある子も多いようだけど、せめて学校に上がるまでの間ぐらい、他の子どもと能力を比べたり競ったりせずに、子ども時代にしかできないことをゆっくり満喫させてあげたいなぁと思うのに。義務教育化することで既存の私立の幼稚園の教育内容もある程度国によって定められることを考えると、知的教育を一切しないシュタイナー園などはどうなってしまうのかと心配になる。たとえば少人数で家庭的な雰囲気が魅力の親達で運営しているような園は国から認可されなければ、学校と同じように公立の幼稚園に籍だけ置いて通うということになるのかなぁ。自主保育も難しくなりそう。

幼児教育を無償化することが少子化対策につながるのかどうかもいささか疑問を感じる。むしろ私の周りでは子どもを少なくして、よりよい教育環境を、と望む人も多いように思う。幼稚園に関して、学費が安いことに越したことはないけれど、それ以上に求められているのはやはり『質』なのではないでしょうか。子どもを生むことを諦めなければならない背景はいろいろあるだろうけど、そんな細部を変えたくらいで『対策』になるとはとても思えない。

『集団生活が上手くできない子』の問題は、早くから集団生活を義務化すれば本当に解決するのだろうか?もっと根は深いような気がするのだけれど…。

少し前までは「ゆとり教育」なんて言っていたのに、今度は学力低下が問題になってこんな小さな子どもたちまで管理しようとする国のいきあたりばったりな方針にとても不信感を抱いてしまいます。

2009年度以降の実現を目指す、ということはこれから生まれてくる子どもたちはみんな「幼稚園は必ず行かなければならないところ」になる訳ですよね。我が家も他人事ではありません…。
この記事へのコメント
新年あけましておめでとうございます。
だいぶひさびさのカキコになってしまいました。
RSS登録させていただいたので、
これからはちょくちょく遊びにこれると思います♪

今回の記事、びっくりしましたー。
我が家は今春1歳から保育園で、
そのまま小学校まで5年間通う予定です。
幼稚園に行くなんて考えたことすらなかったのですが。

sayahさんが書いていらっしゃるとおり、
幼稚園を義務教育化することによって、
少子化対策になるとはちっとも思えません。
幼稚園を義務化することによって、
皆の学力が伸びるのであれば、
世界中どこでもやってるでしょう。

新年早々トホホですなぁ。
いい情報をありがとうございました。
Posted by nobi_yura at 2006年01月04日 01:51
nobi_yuraさん

あけましておめでとうございます。
お久しぶりですね!コメントいただいて嬉しいです。nobi_yuraさんはもうすぐ職場復帰されるのですよね。ゆらちゃんももうすぐ1歳なんだぁ。

今回のニュースは本当にショックです。幼稚園を無償にしたって働くお母さんにはなんのメリットもないですよね。いや、保育園も今よりは安くなるんでしょうか…。幼保一元化を進める為の口実になりそうな感じもしますよね。

いずれにしろ、今起きている問題をただ前倒しにすれば解決するとでも言うようなやり方は短絡的過ぎて怖いです。
Posted by sayah at 2006年01月05日 23:11
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
全国的に私立幼稚園が多く園によってかなりの特色があるとおもうのですがそんなんで義務化できるんでしょうか?
わが市ではどんどん公立保育園、幼稚園を私立にすすめているのです。
児童手当といいこの件といいお国の考えることはえ!?と耳を疑うことが多くて困ります。
Posted by jova at 2006年01月06日 01:02
sayahさん、新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
幼稚園義務化の話、さっそく興味深く読ませていただきました。幼保一元化とも絡むので、一概には何とも言えないかもしれませんが、この問題はあまり深刻な方向にばかり考えず、しばらく様子を見て、その上で心配なことがあれば最善策を考えるというのはどうでしょう?
学力や集中力の低下の歯止めのために義務化へ、と言われると幼稚園から学習を始められてしまうのか?と不安になると思いますが、そういったお勉強らしきことは多くの幼稚園が園児獲得のためにすでに行っており、むしろ、わたしはその暴走をとめてほしいくらい、私立と言えども国の基準はないのか、と思っていたくらいでした。
実は子どもが幼稚園に入る前に文科省が告示した「幼稚園教育要領」というものを読みました。
国が幼稚園に示している基準は、園児に小学校の予備校のようなことをさせるのではなく、子どもの発達段階に応じて、園での生活の中からあらゆることを学んでいく、というものでした。そのとき、これに適っている私立の幼稚園はほとんどない、というのが私の印象でした。だから、文科省の方針によって今の幼稚園の現状が改善され、それによって、小中と年齢が上がっていくにつれて子どもたちの力が変わっていくという方向なら、それもいいと思ったのですが。
実際、ある私立幼稚園の創始者の方は、それまで公立小学校で長い間教鞭をとられていたのですが、高学年の児童を見ていて幼児期の過ごし方に問題があるのではと感じて、退職され幼稚園を始められたのでした。その園は、どんな他の幼稚園のやり方に迎合することもなく、すべての学びは遊びの中から、という考えに一貫し、それぞれの子どもに応じたきめ細かな指導をされる園だったようです。(お勉強や競争なんてとんでもない、という感じ)
勉強不足で見当違いのことを言っていたら、ほんとうにごめんなさい。私もこの件に関して何か目についたら調べてみたいと思いました。その上で、今日の発言がまったくの見当違い発言でしたら、また書き込みさせてください。
sayahさんのご家族にとって、今年もいい年でありますように、お祈りいたします。
Posted by mato at 2006年01月06日 19:25
>jovaさん

あけましておめでとうございます。こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。

公立幼稚園も自治体によって数にかなり差があるようですよね(そうそう、jovaさんのところは大阪だと勘違いしていたのです。ごめんなさい…)。うちの方は公立の数にはとても余裕があって恵まれているのかも知れません。でも、その分私立の幼稚園に行っても補助があまり出ないので、敢えて私立を選ぶ場合は金銭的に大変なのですよ。義務教育化されることによって、様々な面でどういう変化があるのでしょうね。3年ってとても短いような気がするけれど…。

福祉に関してもそうですが、国は現場のことをちっとも理解していないような気がして仕方がないですよねー。
Posted by sayah at 2006年01月07日 16:20
>matoさん

新年あけましておめでとうございます。

matoさんのおっしゃる通り、私立幼稚園は早期教育の盛んなところが多いですよね。ウチの周りもやっぱり英語・音楽・体育など「教育」を売りにしているところがほとんどのように思います。実際そういった園が人気が高いです。今回の義務教育化がそういった風潮に歯止めをかけてくれれば…と私も思います。いい方向に変わることを期待したいのですが、学力低下の懸念が前提とされていることや幼保一元化も絡んでくるとなるとなんとなくよいイメージは持てないのですよね。公立幼稚園にも素晴らしいところはたくさんあると思うのですが、我が家の校区の園には積極的に入れる気持ちにはなれず、むしろmatoさんのおっしゃっているような子どもの発達段階に応じて、遊びや生活のことを大切にしてくださっているような私立の園にどういう変化が求められるのかが気になるところです。

今年一年もお互いに家族みんなが健康で楽しく過ごせると良いですね!本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by sayah at 2006年01月07日 16:51
あけましておめでとうございます(遅いですが・・・^^;)

幼稚園義務教育化、ビックリしました。
義務教育化することによって、加熱する幼児教育に歯止めがかかるとは思えません。
義務教育化することによって、幼稚園を選べる自由度が下がったりすれば、それだけ親の求める教育のためにお稽古ごとをさせる人は増えるでしょうし、自由な幼稚園を求めていた親は不満が増える。
子供のいない人は、0歳児からの教育の必要性ばかり感じて余計子供を持つことを躊躇う。
悪循環なような気がします。
2009年度以降の実現と言うと、うちもジンの幼稚園在園中に引っかかります。
2012年以降とかにして欲しいなぁ(笑)

政治家に限らず、子どもを大人のミニチュア扱いする風潮があるような気がします。
記事の中にあった『小一問題』は幼稚園選びの時に耳にしました。
『○○幼稚園は遊びばかりだから、小学校に入ってから授業が聞けなくなる』とか『授業中遊んでばかりいる』とか・・・
子どもは環境に対する適応度が高いので、1学期が終わる頃にはどの幼稚園の子どもも同じ羽陽になると思うのですが、言われると気になりますよね。

子供のうちくらい自由にさせてあげたいと思う親にとっては子育てしにくい制度かもしれませんね。
でも、小学校の入学を気にして幼稚園選びをする親が多く、幼稚園入園を気にして幼児教育をさせる親が多いのだから、このような話題が出てきても仕方のないことなのかもしれません。
そのうち、生まれてすぐから、教育管理するようになりかねませんね。

Posted by 荷葉 at 2006年01月08日 17:16
>荷葉さん

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

やっぱり荷葉さんもそう思います?私もこの施策が子ども達にとっても親にとっても、よい方向に進むようには思えないです。

小1問題に関して、私もあるシュタイナー園出身の子どもたちが入学当初、集団行動(例えばベルが鳴ったら席につくなど)が上手くできないことがあるという話を聞いたことがあるのですが、普通は直に順応するものだと思います。それよりも授業を乱したり、先生の話が聞けない子どもというのは、集団行動をしつけられなかったことが原因なのではなく、子ども時代の生活の仕方や周りの大人の接し方に要因があって、子どもがしかるべき発達段階を遂げていないことが原因なのではないかと思います。例えば、テレビや食べ物との関連性も大きい気がします。

でも、これだけ多種多様化している私立幼稚園に対してどのように基準を設けることになるのでしょうね。私達のような子どもを持つ親以上に幼稚園の経営者の中には戸惑っていらっしゃる方も少なくないのでは?という気がします。

これからの時代、幼少期に知的教育を敢えてしないということがますます異端的になってしまうのかと思うと頭が痛いです。
Posted by sayah at 2006年01月08日 21:35
新年おめでとうございます♪
久しぶりに来ました。
以前、ママランチというHNでコメントしたことがあります。

全く行き当たりばったりな政策ですね。
最近「義務教育」というのは教育を受ける機会を与える「義務」が国にあるわけなので、子どもを学校に行かせなくてはいけないというものじゃない、だから学校なんて行かなくたって構わないのよ〜という話しを裁判官をしてる方から聞いて目からウロコでした!
確かに憲法でも親は教育を受けさせる義務があるだけで、学校に行かせる義務では無いんですね。
家庭で教育してればいいんです。

その方が、社会のシステムや世間体なんか気にしないで、1人1人が天の声(自分の直感で真実だと思うこと)だけを信じて進むべき!と力強く言っておられて大変勇気付けられました。

我が家は何人子どもが産まれようと幼稚園や保育園には行かせないと思います^^
Posted by ミ〜ニャ at 2006年01月09日 14:16
新年おめでとうございます♪

私もこの新聞、親戚の家でたまたま目にしました。
よく読まなかったけど、幼稚園に年少から入れたかったのに入れなかったうちとしては、いいかも・・・となんとなく思ってしまいました。
ただ実際義務となると、そう簡単にはいかなそうだっけど・・・

いい教育(というのか)したくても、余裕がないんですよね。
うちは公立の幼稚園に入れるのがいっぱいいっぱいです。
選びようもなく公立。
生活に余裕がなければ教育も選ぶこともできなくて。
ただ親がしっかりしていれば子供はしっかり育つのだと思うけど・・・
何をいいたいのか解からなくなってきました(汗

生活レベルを皆が落とさないと、結局子供は増えませんよね。
どちらかといえば裕福でない人の方が子供の数が多いような気がして。



Posted by Nao at 2006年01月09日 20:35
私や、私の周りの友人も今回のニュースを聞いて、とても喜んでいます。少子化対策につながると思います。
だって、うちはビンボーだけど子供二人いてまだまだ産みたいけど、実際お金の事考えると厳しい現実...
なので法案が通ればすごく助かるし、これからも産んでもいいかなって思います。
教育の内容とかも気になるけど、貧しい階級にしてみたら教育をうけさせるだけでも精一杯ですから、お金の心配をせずに子供に教育を受けさしてあげれたら、この上ない喜びです。
みんな難しく考え過ぎな気がします。世界の教育を満足に受けれない子供達の事を考えると、声をあげ、大喜びしない私達は少し贅沢な気もしてしまいます...
Posted by ami at 2006年01月10日 22:39
>ミ〜ニャさん

あけましておめでとうございます。
いつもお邪魔しているのですが、なかなかコメント残せなくてすみません…。第3子ご懐妊おめでとうございま〜す!出産にまつわるお話も楽しみにしています。

さすがは、ミ〜ニャさん。動じることなくどーんと構えてらっしゃいますね。なるほど、そういう発想の転換は気が楽になります。

でも、まだまだ私には『自分の直感で真実だと思うことだけを信じて進む』という自信に欠けるのです(親としての自分自身に対して)。まずは自己教育からですかね…なんだか悠長ですが(汗)。
Posted by sayah at 2006年01月11日 23:02
>Naoさん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします♪

義務化されるのは記事の内容からすると1〜2年になるようですよ。だから年中もしくは年長からということになりそうです。

我が家も今希望しているような教育を受けさせるには経済的にハードルが高いです。だからやっぱり家庭でできることをまずはしっかりやらなくてはという思いが募ったりします(なかなか実行するのは難しいけれど)。

本当にお金のことを気にせず、欲しいだけ子どもを産めたらいいのになぁと思います。とは言え、経済的な理由以外にも様々な理由で子どもは欲しくないという人もいるし、欲しくてもなかなか授からない人もいるし、少子化問題は難しいですよね…。
Posted by sayah at 2006年01月11日 23:20
>amiさん

そうですね、amiさんのおっしゃるように教育を受けたくても受けられない子どもたちもいることを考えれば、まずは感謝することも大切ですよね。

でも、基本的に私は幼稚園くらいの年齢で知識を教え込むような教育は全く必要のないばかりか却って害になると考えているので、この義務教育の問題がどういう方向に行くのかはやはり気がかりです。

教育に関する政策を見ていると目先だけすごくいい話のように聞こえるのですが、実際は国民のためというよりお国の都合のいいように動いているようにしか感じられないのですよね…。だから、無償にすると言われても手放しには喜べないのです。
Posted by sayah at 2006年01月11日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

幼稚園から義務教育!?
Excerpt: 帰省していたので、遅くなってしまったが、『幼稚園から義務教育』が2009年度以降の実施に向けて動き出している。 読売新聞『幼稚園から義務教育、延長幅1~2年…政府・与党方針』 http://www...
Weblog: 迷いながらも、自然派育児−メイとジンの成長記−
Tracked: 2006-01-09 00:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。