2005年12月20日

今年のお誕生日&クリスマスプレゼント

134-3497_IMG.01.jpg

もうすぐユズの3歳のお誕生日とクリスマスがやってきます。

去年は『買ってあげたいおもちゃ』候補がたくさんあったのに、今年はなんだか思いつきません…。それと言うのも、去年くらいまでは、自分の子ども時代には目にしたこともなかったような素敵なヨーロッパのおもちゃ、日本製の丁寧に作られた木のおもちゃなどに親の方が夢中になっていたのですが、ユズにおままごとセットをあげてからはそれに夢中で、ユズが他の遊びをほとんどしなくなったり、家事を私と一緒にするのが楽しいようなので、そんなにおもちゃが必要でなくなってきたのです。

それで、しばらくおもちゃ屋さんからも足が遠のき、家にあるもので遊ぶようにしていると、必要なものはユズの想像力の中から生まれていくことを改めて実感し、なんだかそれを見ているのが私も楽しくなってきた今日この頃です(おもちゃ屋さんにたくさん並んでいる素敵なおもちゃたちも充分魅力的だけれど…)。おままごとの食材も始めはほんものそっくりの可愛らしい木の野菜をもっと揃えたいと思っていたのだけど、拾ってきたドングリや木片、羊毛や草木染の毛糸などでいろいろなお料理が生まれて楽しそう。ひとつとして形の揃っていない、素朴だけれど、暖かみのある自然からの贈り物の魅力にようやく私も気づくことができたようです。ユズは乗り物が好きなので、車や電車のおもちゃもカワイイなぁと思っていたけれど、大人用の丸椅子と子ども用の小さな椅子があれば車になったり、積み木があれば電車とレールに見立てて遊んだりしているので当面は見送るつもりです。

そういえば、前にぽあぽあマリアちゃんを与える時期が早すぎて失敗しましたが、お人形のことについても本格的なウォルドルフ人形(いわゆるC体)は幼稚園くらいではまだ早く、本当は小学生くらいになるまでは、羊毛を丸めて作った頭部を柔らかい布でくるんだだけの坊主人形や手足を布の結び目で作った結び人形のような本当に単純で柔らかいものがよいのだそうなのです。それだけこの時期は、ほわほわした柔らかい感触や、子どもの想像する力を大切にするべき時なのかも知れません。そのときにあったおもちゃ選びというのは難しい気もするけれど、できるだけ先回りすることのないように、厳選して慎重に与えるようにしたいなぁと思っています。スカリーノCUBORO(クボロ)はいつの日か一緒に遊んでみたいおもちゃ。でも、まだまだ先の話になりそう。

そんな訳で、今年はお誕生日&クリスマスプレゼントは小さな贈り物だけにして、残った資金を子ども部屋を整えるために使おうかなと思っているところです。
この記事へのコメント
私のところも娘のクリスマスと2歳の誕生日が近く、何を買ったらよいかと両祖父母から連絡が。おもちゃはなにも必要ないし欲しくないのだけれど何かヒントがあるかと思ってここへ来たところです。「キンダーハープ」って主人がリクエストしたら早速電話が。「○イざらす」にはなかったので他のものにして欲しいと。私も環境に資金投入したいのだけれど両祖父母はやはり「おもちゃ」らしい物が買いたいのだろうなあ。過去の記事も当たって考えます。
Posted by tent04 at 2005年12月20日 20:34
プレゼント、年とともに欲しい物がなくなって困ります。
祖父母には、キャラ物を買わせないように、自転車とか足こぎの車みたいなおもちゃとか、大きな物を頼んでいるので、なおさら。
今年は、とうとう衣類をお願いしてしまいました。

坊主人形といえば、ジンが生まれたときにガーゼで作りました。
しばらくは遊んでくれたけど、今ではもう見向きもせず・・・
ちょうど、メイの白い服が着られないほど汚れてしまったので、エコドット人形を作りました。
三角の帽子と丸いのっぺらぼうの顔と星形の頂点がない形の胴体(うまく言葉でいえないのですが・・・)で、中身は少な目の綿を入れ、ふわふわ感を出しました。
しかも、紅茶染めまでして・・・
作っているのを見て、面白がっているのは、ジンではなくメイです。

以前に『おもちゃ箱』さんで扱っていたような感じの物です。
今扱っているのは、足のないタイプのエコドット人形でしたので、自分で作ってしまいました。

何か小さいものを作ってあげてもいいかも。
今はメイに、ルームシューズを作ってます(^^)

Posted by 荷葉 at 2005年12月21日 14:35
sayahさん、こんにちは。
素晴らしいなぁと思います。おもちゃに対する考え。

私はというと、ヨーロッパのおもちゃに私が夢中で、本当に恥ずかしいのですが、たくさん増えてしまいました。夫からは「物にとりつかれてる」なんて言われてしまいました。。
娘の自由な空想を妨げているのかと思うと気落ちする思いです。

坊主人形、松ぼっくりやどんぐり、素朴な自然素材のもので、今はメルヘンの世界を作っているのですよね。
なんとか娘の成長を待ちながら、一緒に暮らしていくことを来年はしていきたいと思います。

シュタイナーのサークルにいた頃は、あんまりおもちゃに執着がなかったのですが、周りにシュタイナーの仲間がおらず一人でやっていると・・・。
皆さんにただただ脱帽です。
Posted by キミドリ at 2005年12月21日 16:08
我が家でもサンタさんに何もらうの?聞いてもぴんとこないらしく「サンタさんになる。」「おせんべいがほしい。」などとそのときの気分を言います。「それ以外は?」というと「ない」とはっきり言われました。それが本当のところなんだろうなぁ。物ではないことをこどもに教わりサンタさんには「父ちゃんと母ちゃんとたくさん遊べる時間をください。」ってお願いすることにしました。
キミドリさんのおっしゃるように私の周りにも理解者がおらず抵抗もむなしくすっかりキャラクターに汚染されております、、、。
Posted by じょば at 2005年12月23日 01:17
>tent04さん

おじいちゃん、おばあちゃんからのクリスマスプレゼント、どうされたのかな?

うちは両祖父母とも毎年現金なんです(^^;
そのほうが助かると言えば助かるけど、プレゼントって気持ちのものだし、これと思うものを贈ってくれたらそれでいいのに〜と思ったりもします(私に気を遣っているのかも知れないけれど…)。でも、そのうち子どもが直接何が欲しいと言うようになるのだろうし、親の好きなようにできる今のうちに頂いたお金をありがたく活用しようと思います(笑)。
Posted by sayah at 2005年12月24日 15:25
>荷葉さん

紅茶染めのエコドット人形、見てみたいなぁ〜。着られなくなってしまった衣服を活用して、という考え方、大切ですよね。そういうお母さんのちょっとした心遣いを子どもたちはきっとちゃんと気づいているのだと思います。

荷葉さんが記事に書かれていた小さな贈り物が何なのか気になっていたのですよ。ルームシューズだったんですね!小さな贈り物、私もしようと思い、本当はセーターを編んでいたのだけど、間に合いませんでした。計画性がなくてダメです(苦笑)。クリスマスの絵本と、とってもカワイイ果物の形をした小さなコマを今日枕元においてあげる予定です…。
Posted by sayah at 2005年12月24日 15:36
>キミドリさん

私もおもちゃに憧れる気持ちは強いから、キミドリさんの気持ちはよく分かりますよー。キミドリさんの記事を読んで、私もそのうちスピールフォームを買いにアウトレットに行こうとたくらんでいます(笑)。

子どもを喜ばせたいという思いは誰でも持っているものだと思うのだけれど、おもちゃに限らず「物を与える」ということに関して、今は少し慎重になってみて、子どものことを見てみようかなぁと思っています。

Posted by sayah at 2005年12月24日 15:47
>じょばさん

サンタさんへのお願い素敵ですね!私も「クリスマス=プレゼントをもらう日」という風に子どもが思ってしまう前に、絵本などを通してクリスマスという日のことを少しでも子どもと一緒に考えられたらなぁと思っています。

先日、わらべ歌教室のクリスマス会にサンタさんがやってきましたが、娘はひきまくりでした…。
Posted by sayah at 2005年12月24日 16:12
こんにちは、sayahさん。
ゆずちゃんの想像力、すばらしいですね。
うらやましいわ〜〜。

うちの娘は、すっかり既製品のおもちゃにとりつかれています。
今年のクリスマスも、りかちゃん人形やらバービードールやら、キティちゃんのおままごとセットだのといったものが送られてきて、もう夢中。
せっかく好意で送っていただいたものをとりあげるのもかわいそうだし。
クリスマス、子供にとっては楽しい時なのでしょうが、母としては頭が痛く、「クリスマスなんて嫌いだーー」と思ってしまいます。(笑

ちなみに、私もクボロが欲しいな〜と思っているのですがカタログでしか見たことがないのです。
sayahさんは、実際に遊ばれたことありますか?
どんな感じなのかなー。
Posted by quince at 2005年12月26日 18:47
>quinceさん

あけましておめでとうございます!

すっかりお返事が遅くなってしまってゴメンナサイ。

うちはまだおもちゃは送られてこないのですが、キティちゃんやディズニーグッズは頂いたりで結構あるのですよ〜。親の趣味で統一したいと思ってもなかなか難しいものがあります(笑)。それで、子どもも気に入ったりしているので、仕方がないかぁ…という感じで。ニュージーランドの既製のおもちゃはどんな感じなのでしょう?それもちょっと興味があったりして…。

クボロ、魅力的ですよねー!私もまだ遊んでみたことはないのですよ。迷路みたいで面白そうですよね〜。先日大きいおもちゃ屋さんへ行ったけど、スカリーノばかりでクボロは置いてませんでした。
Posted by sayah at 2006年01月01日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。